戦国武将、虚像と実像 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2022年05月09日
商品形態:
電子書籍

戦国武将、虚像と実像

  • 著者 呉座 勇一
発売日:
2022年05月09日
商品形態:
電子書籍

日本人の武将像はいかに変化してきたのか?時代ごとの価値観が浮き彫りに!

妄説、打破!
信長は戦前まで人気がなかった。秀吉は人たらしでなく邪悪だった!?
時代ごとに人物像は変化していた。最新研究による実像に加え、虚像の変遷から日本人の歴史認識の特徴まで解析した画期的論考!

画期的に見える人物像も、100年前の焼き直しにすぎないものが多い。
織田信長は革命児、豊臣秀吉は人たらしで徳川家康は狸親父。明智光秀は常識人で、斎藤道三は革新者、石田三成は君側の奸で、真田信繁は名軍師。
このようなイメージは、わずか数十年前にできたものが実は多い。
彼らの虚像と実像を通して、江戸、明治、大正、昭和と、時代ごとの価値観まで浮き彫りにする!

■光秀=「温厚な常識人」は一つのベストセラーがつくった。
■油売りでも革新者でもなかった道三
■信長は将軍も天皇も尊重していた 
■秀吉の評価ポイントは勤王と海外進出 
■江戸時代にも三成肯定論はあった
■幸村は「軍師」ではなく「現場指揮官」だった
■司馬遼太郎の家康論は徳富蘇峰の受け売り!?
■歴史小説・ドラマの源流は“蘇峰史観”にあり! 
■「野心家・光秀」はなぜ定着しなかったのか?
■信長の「勤王」は「革命」だった? 
■徳川政権への不満が生んだ秀吉人気 
■三成忠臣/奸臣論が見落としてきたもの 
■超人化していった真田幸村
■賞賛されていた家康の謀略

【目次】
はじめに
第一章 明智光秀――常識人だったのか?
第二章 斎藤道三――「美濃のマムシ」は本当か?
第三章 織田信長――革命児だったのか?
第四章 豊臣秀吉――人たらしだったのか?
第五章 石田三成――君側の奸だったのか?
第六章 真田信繁――名軍師だったのか?
第七章 徳川家康――狸親父だったのか?
終  章 大衆的歴史観の変遷
あとがき
参考文献

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「戦国武将、虚像と実像」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 《歴史と物語に向き合う意味》我々は、戦国武将の物語を読む際に既にその人物像に予断を持っています。すなわち、信長なら「中世を否定した性酷薄な革命児」。光秀は「温厚で教養ある故に立回りが下手」、秀吉なら「 《歴史と物語に向き合う意味》我々は、戦国武将の物語を読む際に既にその人物像に予断を持っています。すなわち、信長なら「中世を否定した性酷薄な革命児」。光秀は「温厚で教養ある故に立回りが下手」、秀吉なら「豪放磊落に振る舞う人蕩らし」という具合に。しかし、そのイメージが史実に基づくものかはほとんど知られていません。多くは歴史小説などの描写に基づきますが、著者はそのようなイメージを「大衆的歴史観」と呼びます。そしてこれらは江戸時代以降いつ産み出されたのか、それが大衆に広く受け入れられた背景、(1/4) …続きを読む
    ばたやん@かみがた
    2022年05月15日
    100人がナイス!しています
  • 戦国時代の有名人の評価の変遷を、江戸期から現代に至るまで追った労作である。現代の作家がさも独創の様に語っている偉人観が、山路愛山や徳富蘇峰の偉人観に先祖返りしているだけという事に恐怖を感じた。司馬遼太 戦国時代の有名人の評価の変遷を、江戸期から現代に至るまで追った労作である。現代の作家がさも独創の様に語っている偉人観が、山路愛山や徳富蘇峰の偉人観に先祖返りしているだけという事に恐怖を感じた。司馬遼太郎自身が「だって、ボク、小説家やで?」と、言っているのに、小説家に「何か」を求める輩に不自由することは、現代でも事欠かぬ。司馬遼太郎の影響もさる事ながら、徳富蘇峰の歴史観の後世への影響たるや恐ろしいものがある。徹頭徹尾、現在の価値観に迎合した通史本を出せば、呉座先生の人生大逆転もありかね?と危険な事を考えた。 …続きを読む
    六点
    2022年05月14日
    73人がナイス!しています
  • 明智光秀、斎藤道三、織田信長、豊臣秀吉、石田三成、真田信繁、徳川家康と七人の戦国武将を取り上げ、近世以降の時代ごとに区切った人物像の変遷を読み解くことで、その最新研究を元に虚像と実像を詳らかにした新書 明智光秀、斎藤道三、織田信長、豊臣秀吉、石田三成、真田信繁、徳川家康と七人の戦国武将を取り上げ、近世以降の時代ごとに区切った人物像の変遷を読み解くことで、その最新研究を元に虚像と実像を詳らかにした新書。本書で貫かれているテーマは「歴史を教訓にする危うさ」である。近世以来、時の為政者に都合の良いように解釈されてきた彼らが、歴史小説の題材となればどうなるかを考えるだけでも面白い。それは徳富蘇峰、山路愛山以降、山岡荘八、司馬遼太郎の連綿と続き、新説とされたものにも元ネタがあることを示したのもなかなか愉快だった。 …続きを読む
    nishiyan
    2022年05月15日
    17人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品