試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784044006457

茶の湯の歴史

  • 著者 神津 朝夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784044006457

茶の伝来から財界数寄者まで。新説にもとづく通史の決定版

栄西が日本に茶をもたらした? 戦国武士は一服を喫して戦場に赴いた? 「わび」は禅の美学? 従来の伝承や固定観念を史実から再検証し、茶の湯と日本文化の新たな像を描き出す。珠光や紹鴎、利休、織部、遠州から、家元制度成立、近代数寄者や戦時下の茶道まで。中世寺院における茶の栽培、茶勝負や香道の実相、連歌の美意識の影響など、新たな研究成果を踏まえつつ、点前と作法の観察からつむがれる通史の決定版。解説・藤森照信

もくじ

第一章 中国の茶と日本への伝来

 一 喫茶のはじまり
 二 『茶経』と唐代の茶
 三 日本への茶の伝来
 四 平安時代の喫茶

第二章 茶の湯以前

 一 栄西と『喫茶養生記』
 二 鎌倉時代の茶道具
 三 茶勝負の流行
 四 茶屋と一服一銭

第三章 茶の湯の成立

 一 茶の湯の誕生
 二 珠光と宗珠
 三 本数寄と侘数寄
 四 茶の湯の構成要素

第四章 茶の湯の大成

 一 千利休
 二 山上宗二と『山上宗二記』
 三 利休の後継者たち
 四 茶の湯大成期の茶会

第五章 茶道への展開

 一 家元制度の成立
 二 点前体系の成立
 三 点前と作法の変遷
 四 煎茶と茶道

第六章 近代の茶道

 一 明治維新と茶道
 二 近代から現代へ

茶の湯関連年表
主要参考文献
旧版あとがき
文庫版あとがき

解説 藤森 照信

メディアミックス情報

NEWS

「茶の湯の歴史」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 作物としての茶から、茶を飲む作法の歴史まで、唐の陸羽から始まり、奈良時代に日本に茶が伝えられたこと、当初は密教の儀式で用いられ寺院で茶の栽培や生産が行われたこと、喫茶の習慣が徐々に社会に広まったこと、 作物としての茶から、茶を飲む作法の歴史まで、唐の陸羽から始まり、奈良時代に日本に茶が伝えられたこと、当初は密教の儀式で用いられ寺院で茶の栽培や生産が行われたこと、喫茶の習慣が徐々に社会に広まったこと、宋以降の中華帝国では抹茶が廃れたが日本では温存されたこと、室町時代の茶屋や隠遁僧による喫茶の作法が原型となり茶の湯が成立したこと、江戸時代に形式が確立した茶の湯が武家の文化となったのに対し社会的には煎茶が広まったこと、明治以降に現在の茶道が成立した歴史を辿る。茶道の権威の源たる神話に厳密な検討を加える力作。 …続きを読む
    wasserbaron
    2021年08月13日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品