いとまの雪 新説忠臣蔵・ひとりの家老の生涯 下

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年12月18日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784041110188
ニコカド祭り2020

いとまの雪 新説忠臣蔵・ひとりの家老の生涯 下

  • 著者 伊集院 静
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年12月18日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784041110188

決起の裏に隠された、 四十七人の悲願。明かされる復讐劇の黒幕とは。

赤穂の田舎侍が――。元禄十四年、赤穂藩主・浅野内匠頭は江戸城・松の廊下で吉良上野介に対し刃傷沙汰を起こし、即日切腹の裁定が下される。赤穂藩士は堀部安兵衛ら急進派が目論む吉良への仇討ちとお家再興の間で揺れ動く。双方の志と痛みを受け止めた家老・大石良雄は全てを擲つ覚悟で、訪れるであろう復讐の時を待っていた。そして明らかになる良雄の周到な計画と、時代を超えた復讐の狙い。良雄の計画を影で支える四十八番目の志士の正体とは? 日本史上最も有名な復讐劇を独自の視点で描き切った時代長篇、完結!

もくじ

第六章 騒乱の春        
第七章 赤穂浪士        
第八章 刃向は東へ
第九章 春賦の海
第十章 いとまの雪

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

最近チェックした商品