グラウンドを駆けるモーツァルト

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年02月02日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
136
ISBN:
9784048843997

グラウンドを駆けるモーツァルト

  • 著者 千葉 聡
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年02月02日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
136
ISBN:
9784048843997

グラウンドにモーツァルトがいる 大地からもらったリズムで今走り出す

最低でも100パーセント。つねに全力、全速で駆け抜ける青春真っただ中のちばさと先生。学校という舞台で、生徒と本気でぶつかり合い、励まし合ったドラマを短歌とエッセイでまとめました。

メディアミックス情報

NEWS

「グラウンドを駆けるモーツァルト」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 教員歌人千葉聡さんの大学時代以降の自伝的というか編年体の短歌とエッセイ。個人的には大学院時代とお母さまを詠まれた歌、お兄さまについて書かれたエッセイに心惹かれました。というのも千葉さんが大学院時代に教 教員歌人千葉聡さんの大学時代以降の自伝的というか編年体の短歌とエッセイ。個人的には大学院時代とお母さまを詠まれた歌、お兄さまについて書かれたエッセイに心惹かれました。というのも千葉さんが大学院時代に教わられた外間守善先生に私も大学時代日本文学科で日本言語史の講義を受けたことがあるからです。沖縄から平和を問うご姿勢が短歌を通じて共有できて嬉しかったです。外間先生は亡くなられましたが、こうして歌集の中に生きておられて私はとても嬉しく思います。亡くなられた方を生かすのは人の記憶の中で思い続けることと思いました。 …続きを読む
    あや
    2021年09月18日
    10人がナイス!しています
  • 自身の学生時代と教員として生徒を見る目で詠った短歌とエッセイ。「」を用いて自己と他者の距離感を鮮やかに捉えて提示する手法は一般的だしもちろん珍しくはないのだが、著者自身の心を動かす契機を追体験するよう 自身の学生時代と教員として生徒を見る目で詠った短歌とエッセイ。「」を用いて自己と他者の距離感を鮮やかに捉えて提示する手法は一般的だしもちろん珍しくはないのだが、著者自身の心を動かす契機を追体験するような効果が強く、印象に残る。/書いて捨てまた書いて捨て小説をやめて短歌を始めた秋よ/「千葉くんは教育学部出身だ」教授は俺の無知を悲しむ/君はまだ二十三歳 ツイッターDMで知る君の逝去を/なんか耳が大きくなった気がするがマスク捨てまた別マスクつけ/「グラウンドがやわらかい」って笑う子がいる 陸上部、今日再始動 …続きを読む
    qoop
    2021年03月26日
    4人がナイス!しています
  • 4:《思わず「エモい」と口に出る短歌たち。》ちばさと先生の歌を読むと、学生時代のいろいろがこみ上げてくる。思わず「エモい…」と口に出していた。ひんやりとした階段の壁、雨が降ったときの靴の音、学校帰りの 4:《思わず「エモい」と口に出る短歌たち。》ちばさと先生の歌を読むと、学生時代のいろいろがこみ上げてくる。思わず「エモい…」と口に出していた。ひんやりとした階段の壁、雨が降ったときの靴の音、学校帰りのマックシェイク、トンボでならした土の匂いーー。最初の「あのころデニーズへ」は短歌がストーリーのように続くだけでなく、前の歌の最後の言葉が、次の歌の最初の言葉へリレーされていて面白かった。思い出す スタート前に光った肩、試合後に飲んだマックシェイクを/屋上へ向かう階段 海色のペンキが剝がれている壁涼し P …続きを読む
    かりん
    2021年02月28日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品