八九六四 完全版 「天安門事件」から香港デモへ

八九六四 完全版 「天安門事件」から香港デモへ 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年05月10日
商品形態:
電子書籍

八九六四 完全版 「天安門事件」から香港デモへ

  • 著者 安田 峰俊
発売日:
2021年05月10日
商品形態:
電子書籍

大宅賞、城山賞をダブル受賞した傑作ルポ! 現代中国最大のタブーに迫る。

第50回大宅壮一ノンフィクション賞、第5回城山三郎賞をダブル受賞した傑作ルポの完全版。
2019年香港デモと八九六四の連関を描く新章を収録!

「“その事件”を、口にしてはいけない」
現代中国最大のタブー、天安門事件に迫る!
1989年6月4日。変革の夢は戦車の前に砕け散った。
毎年、6月4日前後の中国では治安警備が従来以上に強化され、スマホ決済の送金ですら「六四」「八九.六四」元の金額指定が不可能になるほどだ。
あの時、中国全土で数百万人の若者が民主化の声をあげていた。
世界史に刻まれた運動に携わっていた者、傍観していた者、そして生まれてもいなかった現代の若者は、いま「八九六四」をどう見るのか?
そして、事件は2019年の香港デモにどう影響したのか? 歴史は繰り返されるのか? 
中国、香港、台湾、そして日本。60名以上を取材し、世界史に刻まれた事件を抉る大型ルポ。
語り継ぐことを許されない歴史は忘れ去られる。これは、天安門の最後の記録といえるだろう。
●“現代中国”で民主化に目覚めた者たち 
●タイに亡命し、逼塞する民主化活動家
●香港の本土(独立)派、民主派、親中派リーダー 
●未だ諦めぬ、当時の有名リーダー
●社会の成功者として“現実”を選んだ者、未だ地べたから“希望”を描く者 etc.

※本書は2018年5月に小社より刊行された単行本を改題の上、修正し、新章を加筆したものです。
【目次】
序章 君は八九六四を知っているか?
第一章 ふたつの北京
第二章 僕らの反抗と挫折
第三章 持たざる者たち
第四章 生真面目な抵抗者
第五章 「天安門の都」の変質
第六章 馬上、少年過ぐ
終章 未来への夢が終わった先に   
あとがき
新章 〇七二一 香港動乱
主要参考文献
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「八九六四 完全版 「天安門事件」から香港デモへ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 天安門事件に関わった人々のその後。事件後に「ネットで真実」に目覚めて大変なことになった者もあれば、台湾で学生たちと接し、ヒマワリ学運に影響を及ぼした者もあり。そして天安門事件の負の部分は香港のデモに継 天安門事件に関わった人々のその後。事件後に「ネットで真実」に目覚めて大変なことになった者もあれば、台湾で学生たちと接し、ヒマワリ学運に影響を及ぼした者もあり。そして天安門事件の負の部分は香港のデモに継承されていく。今回追加の新章ではその継承のありさまが語られる。大陸を見下す香港人の精神が、金やモンゴルに圧迫された南宋人、あるいは清に追い詰められた南明政権の人士と類似しており、ある種の「中華思想」をこじらせてしまっているのが何とも悲しい。 …続きを読む
    さとうしん
    2021年04月28日
    18人がナイス!しています
  • 増補版の香港のところだけ。天安門事件は確かにもう本土&香港での取材は無理かも。これまで香港だから出版できていた本も、もう無理…。忘れられていくならば、海外で伝えつつけるしかない。 増補版の香港のところだけ。天安門事件は確かにもう本土&香港での取材は無理かも。これまで香港だから出版できていた本も、もう無理…。忘れられていくならば、海外で伝えつつけるしかない。
    ののまる
    2021年06月03日
    7人がナイス!しています
  • 3年前に出版されて話題を呼んだノンフィクションの増補完全版。本書でまず特筆すべきなのは、出版にあたって加筆された、2019年の香港民主化デモに関する新章だろう。最近になって2年前の運動に参加した、ある 3年前に出版されて話題を呼んだノンフィクションの増補完全版。本書でまず特筆すべきなのは、出版にあたって加筆された、2019年の香港民主化デモに関する新章だろう。最近になって2年前の運動に参加した、あるいは海外からそれを支持した香港出身の人々による、運動の過程においてみられた排外主義の高まりに反省の目を向ける言論が次第に増えてきているようだ。それだけに早い段階から「運動自体が抱えていた大きな矛盾」について指摘をしていた著者による現地ルポ+現段階での総括を記した本書の記述は、とても貴重なものだといえるだろう。 …続きを読む
    Kai Kajitani
    2021年05月16日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品