ザ・ラストマン 日立グループのV字回復を導いた「やり抜く力」

ザ・ラストマン 日立グループのV字回復を導いた「やり抜く力」 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年01月08日
商品形態:
電子書籍

ザ・ラストマン 日立グループのV字回復を導いた「やり抜く力」

  • 著者 川村 隆
発売日:
2021年01月08日
商品形態:
電子書籍

日本経済をV字回復させるビジネス・パーソンの条件とは

「ラストマンになれ」

私がこの言葉を聞いたのは、三〇代のころです。
当時の私は日立工場に勤めていて、たしか設計課長に昇進したときのことだったと思います。
日立工場長だった綿森力さんが、工場の執務室の窓の前でこう言いました。

「この工場が沈むときが来たら、君たちは先に船を降りろ。
それを見届けてから、オレはこの窓を蹴破って飛び降りる。
それがラストマンだ」

――そのときから、私の胸に「ザ・ラストマン」という言葉が深く刻まれています。【序章より】

*  *  *  *  *  *

「自分の後ろには、もう誰もいない」――ビジネスマンに必須の心構えとは。

決断、実行、撤退…一つひとつの行動にきちんと、しかし楽観的に責任を持ってやり抜けば、より楽しく、成果を出せる。
7873億円の赤字から会社を再生した元日立グループ会長が、苦境の日本経済で戦い続けるビジネスパーソンに贈るメッセージ。

新規収録原稿「若い企業人の皆さんへ」「ポストコロナ時代の企業」

※本書は二〇一五年三月に小社から刊行された同名の単行本を加筆・再編集したものです。

メディアミックス情報

NEWS

「ザ・ラストマン 日立グループのV字回復を導いた「やり抜く力」」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 当たり前のこと・楽観的にやり抜く 祷文の後ろには、もう誰もいない 大事なときに何を決めるか・どう決めるか:スピードの本質 意思決定者を少なく→結論が尖る 近づける仕事・遠ざける仕事 健全な競争 フロン 当たり前のこと・楽観的にやり抜く 祷文の後ろには、もう誰もいない 大事なときに何を決めるか・どう決めるか:スピードの本質 意思決定者を少なく→結論が尖る 近づける仕事・遠ざける仕事 健全な競争 フロントランナー方式 経営者意識 ひるんでいるほどの余裕なし きちんと稼ぐ:カメラの目 15分で結論 世界で勝てる事業 社長=ただの専門職 流れない水は腐る シンプルな手順:現状分析→未来予測→戦略構築→説明責任→断固実行 自分を磨く:覚醒 51点で満足 慎重に楽観:必要以上に群れない 自分の健康にも責任を持つ  …続きを読む
    Go Extreme
    2021年02月14日
    2人がナイス!しています
  • 仕事に対する覚悟について。自分の後ろには誰もいないという意識を常に持つこと。やはり何かを成し遂げる人の覚悟って相当のものだよな…と感じました。 仕事に対する覚悟について。自分の後ろには誰もいないという意識を常に持つこと。やはり何かを成し遂げる人の覚悟って相当のものだよな…と感じました。
    むぎねこ
    2021年03月14日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品