試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年01月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
280
ISBN:
9784041109052

ラスプーチンの庭

  • 著者 中山 七里
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年01月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
280
ISBN:
9784041109052

先進医療は、最愛の人を奪っていった。どんでん返しの社会派医療ミステリ!

中学生の娘・沙耶香を病院に見舞った警視庁捜査一課の犬養隼人は、沙耶香の友人の庄野祐樹という少年を知る。長い闘病生活を送っていた祐樹だったが、突如自宅療養に切り替え、退院することに。1カ月後、祐樹は急死。犬養は告別式に参列するが、そこで奇妙な痣があることに気が付く。同時期に同じ痣を持った女性の自殺遺体が見つかり、本格的に捜査が始まる。やがて〈ナチュラリー〉という民間医療団体に行き当たるが――。主宰の謎の男の正体と、団体設立に隠された真の狙い。民間療法の闇を描き、予想外の結末が待つシリーズ待望の最新作!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

1/29発売『ラスプーチンの庭』回収のお知らせ


2021年1月29日刊行の『ラスプーチンの庭』(ISBN 978-4041109052)につきまして、編集上の不備が発生していることが判明いたしました。
お客様をはじめ関係各位にはご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。
本書をお買い上げいただいたお客様には良品と交換させていただきます。
交換をご希望の方は、お手数をおかけし大変申し訳ございませんが、下記の窓口までご連絡いただけませんでしょうか。

-----------------------------
▼KADOKAWA カスタマーサポート
https://wwws.kadokawa.co.jp/support/contact/
◎「『ラスプーチンの庭』の交換について」とご明記ください。
◎良品との交換には、1~2週間かかることがございます旨、あらかじめご了承ください。

-----------------------------
本件に関するお問い合わせ
KADOKAWA カスタマーサポート
https://wwws.kadokawa.co.jp/support/contact/
「『ラスプーチンの庭』の交換について」とご明記ください


メディアミックス情報

NEWS

「ラスプーチンの庭」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • グーちゃんとユーちゃん姉妹の復讐劇、と思って読んでいたが、なかなか姉妹が登場しないのでイラっとしてたら最後の最後で種明かし。急転直下の筋運びは、さすが七里さん。途中、グッとひきつけられて読み進めていた グーちゃんとユーちゃん姉妹の復讐劇、と思って読んでいたが、なかなか姉妹が登場しないのでイラっとしてたら最後の最後で種明かし。急転直下の筋運びは、さすが七里さん。途中、グッとひきつけられて読み進めていたのに、ラストはあっけない感じが残ってしまった。でも、エンターテインメント小説と思ったらスッとした読後感。怪僧ラスプーチンを思わせる教祖さまの最期が、あっさりし過ぎもチョット物足りなかった。 …続きを読む
    鉄之助
    2021年10月01日
    397人がナイス!しています
  • 中山 七里は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。「刑事犬養隼人」シリーズも読み続けています。 途中まで快調に飛ばしたのですが、あまり捻りもなく、あっけなく終わりました。残念。 https://w 中山 七里は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。「刑事犬養隼人」シリーズも読み続けています。 途中まで快調に飛ばしたのですが、あまり捻りもなく、あっけなく終わりました。残念。 https://www.kadokawa.co.jp/product/322008000194/ …続きを読む
    starbro
    2021年03月25日
    354人がナイス!しています
  • 自宅で病死した少年と公園で自殺した主婦、痣だらけの遺体に疑問を抱いた刑事の犬養は、カルト宗教まがいの民間療法の存在を突き止める。標準治療で病状が改善しない患者と家族の弱みにつけこむ詐欺は許せないが、彼 自宅で病死した少年と公園で自殺した主婦、痣だらけの遺体に疑問を抱いた刑事の犬養は、カルト宗教まがいの民間療法の存在を突き止める。標準治療で病状が改善しない患者と家族の弱みにつけこむ詐欺は許せないが、彼らに一瞬でも心の平安を与えたのであれば、詐欺と言い切れないモヤモヤ感が残った。冒頭の姉妹が事件にどんな風に関係してくるのか、残り少ない頁にハラハラしたが、結局、犯人特定の捜査や犯人の動機の説明が不十分だったような気がして、消化不良の読後感でした。多作なのは嬉しいが、質の低下が気になってしまう中山ファンです。 …続きを読む
    ウッディ
    2021年11月06日
    256人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品