試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年01月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
280
ISBN:
9784041109052

ラスプーチンの庭

  • 著者 中山 七里
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年01月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
280
ISBN:
9784041109052

先進医療は、最愛の人を奪っていった。どんでん返しの社会派医療ミステリ!

中学生の娘・沙耶香を病院に見舞った警視庁捜査一課の犬養隼人は、沙耶香の友人の庄野祐樹という少年を知る。長い闘病生活を送っていた祐樹だったが、突如自宅療養に切り替え、退院することに。1カ月後、祐樹は急死。犬養は告別式に参列するが、そこで奇妙な痣があることに気が付く。同時期に同じ痣を持った女性の自殺遺体が見つかり、本格的に捜査が始まる。やがて〈ナチュラリー〉という民間医療団体に行き当たるが――。主宰の謎の男の正体と、団体設立に隠された真の狙い。民間療法の闇を描き、予想外の結末が待つシリーズ待望の最新作!

1/29発売『ラスプーチンの庭』回収のお知らせ

2021年1月29日刊行の『ラスプーチンの庭』(ISBN 978-4041109052)につきまして、編集上の不備が発生していることが判明いたしました。
お客様をはじめ関係各位にはご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。
本書の初版に「編集上の不備」が発生いたしましたが、再版以降は修正されています。
※巻末の奥付ページ(279ページ)に、「2021年3月2日 再版発行」などの記載があるものが再版分です。
つきましては、本書の初版をお買い上げいただいたお客様には良品と交換いたしますので、お手数をおかけし大変申し訳ございませんが、以下の手順にてお手続きくださいますようお願い申し上げます。
-----------------------------
▼交換方法
(1)下記「良品交換お申し込みフォーム」より、交換をお申し込みください。
  お申し込み完了ページに、返送先が表示されます。
(2)フォームにご登録いただいた、お客様の「郵便番号」、「住所」、「氏名(ふりがな)」、「電話番号」をご記入いただいたメモ用紙などをご用意ください。
(3)(1)のメモ用紙を同封のうえ、お手元の不良本を、ゆうパック・宅配便等の「送料着払い」にて、お申し込み完了ページに表示された返送先までご送付ください。
(4)送付伝票の「品名」欄に「『ラスプーチンの庭』不良本」とお書きください
(5)不良本の到着後1~2週間で良品をお送りいたします。
※「送料着払い」にてお送りいただくことで、送料を弊社が負担いたしますとともに発送履歴が残せます。
※なお、元払いでお送りいただいた場合、ご負担いただいた送料はお返しできません。ご了承ください。
紙袋や大判の封筒へ入れていただくなど簡単な梱包でかまいません
※配送中に送付伝票の汚損等により「差出人」欄が判読できなくなる場合がありますので、かならず(1)のメモ用紙を同封してください。
※良品のお届けまでは、送付伝票の「ご依頼主控」をかならず保管してください。
※お手元の書籍『ラスプーチンの庭』と、(1)のメモ用紙以外は同封しないでください。
▼良品交換お申し込みフォーム
◎良品は、2021年3月上旬より順次発送を予定しております。また、それ以降にお申込みいただいた場合でも、1~2週間かかることがございます旨、あらかじめご了承ください。
◎お申し込みに際しご提供いただいた個人情報につきましては、良品の送付および今件に関連するお問い合わせ対応にのみ使用し、その他の用途には一切使用いたしません。

メディアミックス情報

NEWS

「ラスプーチンの庭」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 中山 七里は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。「刑事犬養隼人」シリーズも読み続けています。 途中まで快調に飛ばしたのですが、あまり捻りもなく、あっけなく終わりました。残念。 https://w 中山 七里は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。「刑事犬養隼人」シリーズも読み続けています。 途中まで快調に飛ばしたのですが、あまり捻りもなく、あっけなく終わりました。残念。 https://www.kadokawa.co.jp/product/322008000194/ …続きを読む
    starbro
    2021年03月25日
    241人がナイス!しています
  • 犬養シリーズ最新作!私には重く考えさせられた前作の余韻が残る中、今回は民間療法の闇と言うか、藁にも縋りたい心に忍び寄る怪しげな教団。気丈な娘・紗耶香を思うと犬養も人の親…切ないなぁ。有名人が広告塔にな 犬養シリーズ最新作!私には重く考えさせられた前作の余韻が残る中、今回は民間療法の闇と言うか、藁にも縋りたい心に忍び寄る怪しげな教団。気丈な娘・紗耶香を思うと犬養も人の親…切ないなぁ。有名人が広告塔になるとそれだけで興味を持つ人間の多いことに危うさを感じる。親なら家族なら回復を信じて、保険適用外の高額な治療も厭わないのは心情的に理解できる。また、信じる者は救われるのか?民間療法の高額な治療費それさえも当事者なら飲み込んでしまいそう。さて、私なら…(汗)第1章の『黙示』の姉妹がそうきましたか!って感じだった。 …続きを読む
    いつでも母さん
    2021年03月16日
    202人がナイス!しています
  • 警視庁捜査一課・犬養隼人刑事。病気療養中の犬養の娘と入院友達の少年が自宅療養で退院した後急死。少年の遺体に見えた体中の痣を見て、犬養は両親からの虐待を疑う。そして新たに同じ痣のある自殺体が見つかる。痣 警視庁捜査一課・犬養隼人刑事。病気療養中の犬養の娘と入院友達の少年が自宅療養で退院した後急死。少年の遺体に見えた体中の痣を見て、犬養は両親からの虐待を疑う。そして新たに同じ痣のある自殺体が見つかる。痣は何故、何によってつけられたのか?調べるうち、自らを民間医療団体とのたまう怪しげな教団を発見。日本における現在の高額医療に対して民間医療、ひいては溺れる者は藁をもすがる気持ちの人たちの弱みに付け込む輩の卑怯さ。描くテーマはさすがに鋭いが、ストーリー全体は弱いかも。伏線がわかるだけに回収が待ち遠しかった作品。 …続きを読む
    タイ子
    2021年03月06日
    118人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品