黄金の稲とヘッジファンド 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年02月25日
商品形態:
電子書籍

黄金の稲とヘッジファンド

  • 著者 波多野 聖
発売日:
2021年02月25日
商品形態:
電子書籍

「メガバンク」シリーズの著者が、満を持して放つ、書き下ろし経済小説

巨大ヘッジファンドと呼ばれる企業に就職した城山良太は、初めての赴任地に驚きを隠せなかった。そこは稲と玉葱の栽培が盛んなのどかな地だったからだ、だが、良太は農業と組織の底力を知ることになる──。
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「黄金の稲とヘッジファンド」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • フィクションでありながら自身の経歴を踏まえた内容かと思います。ファンドマネージャーとして成功を収めた著者が、自然環境がもたらす全てを穏やかに包み込む”空気”への憧れの様なものが伺えました。 --- 「 フィクションでありながら自身の経歴を踏まえた内容かと思います。ファンドマネージャーとして成功を収めた著者が、自然環境がもたらす全てを穏やかに包み込む”空気”への憧れの様なものが伺えました。 --- 「天や海や大地からの恵みの理想」 稲穂の海は黄金のように輝いていた。 …続きを読む
    のぶ1958
    2021年02月26日
    7人がナイス!しています
  • エンターテイメント「経済小説」として楽しめるかどうかは意見の分かれるところですが、「農林中央金庫」に興味や関心がある方は、ぜひ一読ください。あの、役員フロアの歩きにくさまで描けるのは、さすがOBならで エンターテイメント「経済小説」として楽しめるかどうかは意見の分かれるところですが、「農林中央金庫」に興味や関心がある方は、ぜひ一読ください。あの、役員フロアの歩きにくさまで描けるのは、さすがOBならでは。そして、知り過ぎているがゆえに、その描写はやや細かいですが、業務内容や、系統との関係、職員のキャラクターなど、とてもリアル、とてもあるあるな、「金庫」の実態を映しています。 …続きを読む
    ちゃーりー
    2021年03月25日
    3人がナイス!しています
  • 架空の銀行を舞台としてバブルとその崩壊、平成不況、サブプライムローンを振り返る作品。何をモデルにしたかは不明ですが分かりやすく教えてくれました。 架空の銀行を舞台としてバブルとその崩壊、平成不況、サブプライムローンを振り返る作品。何をモデルにしたかは不明ですが分かりやすく教えてくれました。
    minu tanu
    2021年04月08日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品