試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041109038

黄金の稲とヘッジファンド

  • 著者 波多野 聖
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041109038

「メガバンク」シリーズの著者が、満を持して放つ、書き下ろし経済小説。

いまや世界最大のヘッジファンドと評される第一次産業中央金庫。憧れの銀行員を夢見て産中に就職した城山良太は、研修先の淡路島の長閑な光景に衝撃を受ける。そこは都会の金融業界とは対照的な農業と寄り添う金融機関の姿があったのだ。翌年、営業部へと異動になった良太は、融資部門でかつてない業績を挙げ、頭角を現していくが──。2度の国家的な経済危機を乗り切った男の、発想と信念が、未曾有の混乱を生き抜く指針となる!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「黄金の稲とヘッジファンド」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • フィクションでありながら自身の経歴を踏まえた内容かと思います。ファンドマネージャーとして成功を収めた著者が、自然環境がもたらす全てを穏やかに包み込む”空気”への憧れの様なものが伺えました。 --- 「 フィクションでありながら自身の経歴を踏まえた内容かと思います。ファンドマネージャーとして成功を収めた著者が、自然環境がもたらす全てを穏やかに包み込む”空気”への憧れの様なものが伺えました。 --- 「天や海や大地からの恵みの理想」 稲穂の海は黄金のように輝いていた。 …続きを読む
    のぶ1958
    2021年02月26日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品