試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年12月18日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784047037052

戦国大名・北条氏直

  • 著者 黒田 基樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年12月18日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784047037052

北条氏研究の第一人者が描く初の本格評伝! 小田原北条家の 滅亡と再生。

戦国大名家きっての名門、小田原北条家の五代目にして最後の当主・氏直。小田原合戦の翌年、羽柴秀吉の旗本家臣として政治的復活を遂げたものの、直後に不慮の死去を遂げた。戦国時代の最終局面を生きたわずか30年の生涯は、「天下人」信長・秀吉・家康との関係に彩られた人生であった。知られざる氏直の生涯をたどりながら、大名同士の抗争の時代から「天下一統」が遂げられていく、戦国社会の激動の状況を鮮やかに活写する。

もくじ

第一章 幻となった信長娘婿の立場

第二章 家康娘との結婚と当主としての自立

第三章 秀吉との政治交渉と惣国防衛態勢

第四章 秀吉との決戦と敗北

第五章 小田原合戦後の氏直

第六章 秀吉・家康と氏規・氏盛
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「戦国大名・北条氏直」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 信長の野望シリーズだと歴代当主と比べて凡庸な能力値であるが、それ以上に父の氏政が自害した故に史実よりも長く生きれるのに対し病死故に父に先立って死ぬ寿命の短さという致命的な弱点を持つのが氏直のイメージで 信長の野望シリーズだと歴代当主と比べて凡庸な能力値であるが、それ以上に父の氏政が自害した故に史実よりも長く生きれるのに対し病死故に父に先立って死ぬ寿命の短さという致命的な弱点を持つのが氏直のイメージであるけど史実においても家康の婿というバックがあり高野山の蟄居が解けて豊臣家の旗本として再起の道を歩んでいたという所で疱瘡により若死するという不遇振り。 …続きを読む
    ようはん
    2021年07月16日
    17人がナイス!しています
  • 小田原北条氏の5代・氏直の評伝。隠居の父・氏政の影に隠れて主体性なしという印象も強いが、小田原征伐での降伏交渉や滅亡後の大名復帰など、彼の政治的な動きで「北条」の家名が残ったことも事実。前代までとは異 小田原北条氏の5代・氏直の評伝。隠居の父・氏政の影に隠れて主体性なしという印象も強いが、小田原征伐での降伏交渉や滅亡後の大名復帰など、彼の政治的な動きで「北条」の家名が残ったことも事実。前代までとは異なり「強大な中央政権」というものと対峙せざるを得なかった若き当主の難しさが伝わってくる。また歴史に「もしも」はないが、家康の娘婿という立場故、関ヶ原後まで長生きすれば現代の評価も違っていたのだろうなという感想も。不運と言ってしまえばそれだけだが、さぁこれからというときの病没は無念の極みだったろうなと。 …続きを読む
    MUNEKAZ
    2021年09月03日
    14人がナイス!しています
  • 通説では、先代氏政に隠れた実権のほとんどない当主と言われていた氏直。若さもあって軍事・外交面では父主導であったが、領国統治に関しては氏直に任されていたと。小田原征伐がなかったら、従前通り政権委譲が行わ 通説では、先代氏政に隠れた実権のほとんどない当主と言われていた氏直。若さもあって軍事・外交面では父主導であったが、領国統治に関しては氏直に任されていたと。小田原征伐がなかったら、従前通り政権委譲が行われていたと思われます。それだけに時勢に飲み込まれた不運の当主でした。本書は小田原北条氏滅亡までと、その以後の氏直、さらに氏規・氏盛等の後代の事績を追っています。→ …続きを読む
    フランソワーズ
    2021年09月10日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品