アンナの土星

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041108604

アンナの土星

  • 著者 益田 ミリ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041108604

益田ミリ初の小説がついに文庫化!

14歳のアンナは、両親と大学生のお兄ちゃんと暮らす中学生。
学校でも家庭でも、日々はおだやかに過ぎていくが、
気になる先輩への想いや、友達とのすれ違い、ふとした言葉や出来事に、心がざわめくことがある。
そんなときアンナは、毎晩のように屋上の望遠鏡で星を見ているお兄ちゃんから、宇宙の話を聞くのが好きだった――。

みずみずしい痛みと喜び、不安と成長、地上と星空。
14歳だったすべての人に贈る青春小説。

メディアミックス情報

NEWS

「アンナの土星」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 14歳の多感な時期の主人公アンナ。アンナに関わる大学生の宇宙マニアのお兄ちゃん。何かとうるさく思えるお母さん。親友なみずほ。その他のクラスメイトとの関係。大きな出来事が起こる話ではないけれどあの頃のち 14歳の多感な時期の主人公アンナ。アンナに関わる大学生の宇宙マニアのお兄ちゃん。何かとうるさく思えるお母さん。親友なみずほ。その他のクラスメイトとの関係。大きな出来事が起こる話ではないけれどあの頃のちょっとしたことでイライラしたり親友と気まずくなったりする感じが懐かしいと思いました。お兄ちゃんの宇宙の追求心が凄まじく、かなり勉強になりました。私も星とか見るの好きだし見ていると惹き込まれるからアンナのお兄ちゃんの気持ちが少しわかります。 …続きを読む
    2021年04月21日
    64人がナイス!しています
  • アンナの目線で語られる14歳の日々。リアルに感じた中学2年生の日常、遠い昔を思い出し今も昔も少女のもどかしい思いはそんなに変わっていないなぁと。アンナのお兄ちゃんがとても素敵でしたね。物事を宇宙的にみ アンナの目線で語られる14歳の日々。リアルに感じた中学2年生の日常、遠い昔を思い出し今も昔も少女のもどかしい思いはそんなに変わっていないなぁと。アンナのお兄ちゃんがとても素敵でしたね。物事を宇宙的にみると、ちっさいことなんか気にならずとても穏やかで優しくいられるのかな?そんな風になりたいなぁと思った読後でした。ミリさん好きだ~(笑) …続きを読む
    ゆずぽん
    2021年04月28日
    27人がナイス!しています
  • 益田ミリさんの漫画はよく読んでたけど小説は初めてです。 中学生が主人公の小説は久しぶりだからか、自分の学生時代のなんともやるせない気持ちなど思い出しました。 それにしても宇宙オタクのお兄さんが良かった 益田ミリさんの漫画はよく読んでたけど小説は初めてです。 中学生が主人公の小説は久しぶりだからか、自分の学生時代のなんともやるせない気持ちなど思い出しました。 それにしても宇宙オタクのお兄さんが良かったです? …続きを読む
    nyanko
    2021年05月15日
    15人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品