アンナの土星

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041108604

アンナの土星

  • 著者 益田 ミリ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041108604

益田ミリ初の小説がついに文庫化!

14歳のアンナは、両親と大学生のお兄ちゃんと暮らす中学生。
学校でも家庭でも、日々はおだやかに過ぎていくが、
気になる先輩への想いや、友達とのすれ違い、ふとした言葉や出来事に、心がざわめくことがある。
そんなときアンナは、毎晩のように屋上の望遠鏡で星を見ているお兄ちゃんから、宇宙の話を聞くのが好きだった――。

みずみずしい痛みと喜び、不安と成長、地上と星空。
14歳だったすべての人に贈る青春小説。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「アンナの土星」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ミリさんの新しいマンガだと思って、中身も確認せずに買う。あとで見たら小説だった。でも面白いように読みやすかった。本書の中ではお兄さんがミリさんに一番近い感じ。以前他の本でミリさんがプラネタリウムについ ミリさんの新しいマンガだと思って、中身も確認せずに買う。あとで見たら小説だった。でも面白いように読みやすかった。本書の中ではお兄さんがミリさんに一番近い感じ。以前他の本でミリさんがプラネタリウムについて書いたエッセーを読んだことがある。だから彼女が宇宙に並々ならぬ関心を抱いているのは知っていた。さらっと書いているけど、アンナの中学校生活はなかなか大変だ。やはり「ハブ」にならないように皆気を使って生活しているのだ。「袋からこぼれたコンペイトウみたいに、星は、夜空のあっちこっちに転がっていた」ステキな表現。 …続きを読む
    cithara
    2021年03月02日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品