宮廷政治 江戸城における細川家の生き残り戦略

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年09月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
384
ISBN:
9784040823904

宮廷政治 江戸城における細川家の生き残り戦略

  • 著者 山本 博文
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年09月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
384
ISBN:
9784040823904

膨大な書状には、将軍を取り巻く人々の思惑が、克明に記録されていた!

大名親子の間で交わされた膨大な書状が、熊本藩・細川家に残されていた。そこには、江戸幕府の体制が確立していく過程と、将軍を取り巻く人々の様々な思惑がリアルタイムに記録されていた!
関ヶ原、大坂の陣の乱世から、将軍家による改易の嵐に島原の乱まで。細川親子がいかにして絶対君主の下で大大名となったのか。細川父子が交わした2,904通の書状から、外様大名による情報合戦の内実が明らかとなる。江戸初期の動乱と変革を知るための必読書が復刊!
※本書は、1993年に読売新聞社より刊行され、1996年に講談社文庫、2004年に講談社学術文庫で刊行された『江戸城の宮廷政治』を改題の上、復刊したものです。底本には講談社学術文庫版第一刷を使用しました。復刊にあたり、著作権継承者の御了解を得て、改題の他、難読漢字に読み仮名を付すなどの表記上の整理を行いました。
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「宮廷政治 江戸城における細川家の生き残り戦略」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 私的な往復書簡を通して見る大名の姿ってのも面白いもんだ。末期の言葉にあるように、忠興にとっては戦場こそが自分の居場所だったのかも。そこを曲げて、家の存続のために徳川に尽くす姿にゃ泣けてくるわい。 私的な往復書簡を通して見る大名の姿ってのも面白いもんだ。末期の言葉にあるように、忠興にとっては戦場こそが自分の居場所だったのかも。そこを曲げて、家の存続のために徳川に尽くす姿にゃ泣けてくるわい。
    パスカル
    2021年10月20日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品