魂手形 三島屋変調百物語七之続

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年03月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784041108536

魂手形 三島屋変調百物語七之続

  • 著者 宮部 みゆき
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年03月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784041108536

嘘も真実も善きも悪しきも、すべてが詰まった江戸怪談の新骨頂!

江戸は神田の三島屋で行われている変わり百物語。美丈夫の勤番武士は国元の不思議な〈火消し〉の話を、団子屋の屋台を営む娘は母親の念を、そして鯔背な老人は木賃宿に泊まったお化けについて、富次郎に語り捨てる。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「魂手形 三島屋変調百物語七之続」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 宮部 みゆきは、新作をコンスタントに読んでいる作家です。三島屋変調百物語シリーズも読み続けて7作目となりました。出版社は毎日新聞出版からKADOKAWAに戻りました。著者にしては珍しく頁数が少なく3話 宮部 みゆきは、新作をコンスタントに読んでいる作家です。三島屋変調百物語シリーズも読み続けて7作目となりました。出版社は毎日新聞出版からKADOKAWAに戻りました。著者にしては珍しく頁数が少なく3話だけでした。また内容の割に挿絵が可愛過ぎます。オススメは、『一途の念』です。本シリーズは、7作目でまだ34話なので、百物語が成就するには、全四章、19巻程度必要です。 https://promo.kadokawa.co.jp/mishimaya/ …続きを読む
    starbro
    2021年04月27日
    466人がナイス!しています
  • 大好きなシリーズ。やはり面白い。聞き手としてしっかりし始めた富次郎。前よりも読んでいても安心できる。特に「魂手形」良かった。今後楽しみなような、でもちょっと心配なような終わり方で、続きが早く読みたい。 大好きなシリーズ。やはり面白い。聞き手としてしっかりし始めた富次郎。前よりも読んでいても安心できる。特に「魂手形」良かった。今後楽しみなような、でもちょっと心配なような終わり方で、続きが早く読みたい。 …続きを読む
    くりきんとん99
    2021年04月06日
    340人がナイス!しています
  • 野生時代2020年2月号〜2021年2月号掲載のものに加筆修正を行い2021年3月角川書店から刊行。シリーズ7作目。火焔太鼓、一途の念、魂手形の3つのストーリー。いずれも、哀しく、面白く、ちょっとした 野生時代2020年2月号〜2021年2月号掲載のものに加筆修正を行い2021年3月角川書店から刊行。シリーズ7作目。火焔太鼓、一途の念、魂手形の3つのストーリー。いずれも、哀しく、面白く、ちょっとした楽しさも感じる覚悟のいる怖いお話でした。富次郎の書く墨絵が気になりますが、挿絵とはちょっと違うんだろうなと思います。 …続きを読む
    ひさか
    2021年05月09日
    312人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品