魂手形 三島屋変調百物語七之続

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年03月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784041108536

魂手形 三島屋変調百物語七之続

  • 著者 宮部 みゆき
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年03月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784041108536

嘘も真実も善きも悪しきも、すべてが詰まった江戸怪談の新骨頂!

江戸は神田の三島屋で行われている変わり百物語。美丈夫の勤番武士は国元の不思議な〈火消し〉の話を、団子屋の屋台を営む娘は母親の念を、そして鯔背な老人は木賃宿に泊まったお化けについて、富次郎に語り捨てる。

メディアミックス情報

NEWS

「魂手形 三島屋変調百物語七之続」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 今作はいつものようなボリューム感がなくてちょっとだけ物足りない感じ。富次郎が聞く3つの悲しくも切ない摩訶不思議な物語。とある藩のお侍が語る火事の時鳴らすと火が収まるというお太鼓様、実はこれには藩を守る 今作はいつものようなボリューム感がなくてちょっとだけ物足りない感じ。富次郎が聞く3つの悲しくも切ない摩訶不思議な物語。とある藩のお侍が語る火事の時鳴らすと火が収まるというお太鼓様、実はこれには藩を守るべき驚くべき事実が隠されている怖いような悲しいような話。団子屋のおみよが語る家族の御話。お醤油団子美味しそう!そして、頁を最も割いて語られる木賃宿に泊まる魂と幽霊の話。恐いけど、なんだか切実。おちかの嬉しい知らせに喜んだはいいけど、富次郎の元に不穏な影が…負けるな、小旦那!to be continued~! …続きを読む
    タイ子
    2021年04月11日
    103人がナイス!しています
  • 大好きなシリーズ。やはり面白い。聞き手としてしっかりし始めた富次郎。前よりも読んでいても安心できる。特に「魂手形」良かった。今後楽しみなような、でもちょっと心配なような終わり方で、続きが早く読みたい。 大好きなシリーズ。やはり面白い。聞き手としてしっかりし始めた富次郎。前よりも読んでいても安心できる。特に「魂手形」良かった。今後楽しみなような、でもちょっと心配なような終わり方で、続きが早く読みたい。 …続きを読む
    くりきんとん99
    2021年04月06日
    63人がナイス!しています
  • 「火焔太鼓」が悲しかった。高橋留美子の某漫画みたい。思ってたより本が薄かった。 「火焔太鼓」が悲しかった。高橋留美子の某漫画みたい。思ってたより本が薄かった。
    星落秋風五丈原
    2021年04月12日
    47人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品