「太平洋の巨鷲」山本五十六 用兵思想からみた真価

「太平洋の巨鷲」山本五十六 用兵思想からみた真価 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年07月09日
商品形態:
電子書籍

「太平洋の巨鷲」山本五十六 用兵思想からみた真価

  • 著者 大木 毅
発売日:
2021年07月09日
商品形態:
電子書籍

名将か、凡将か? 真贋を問う。『独ソ戦』著者の新境地、五十六論の総決算!

名将か、凡将か?
純粋に「軍人」としての能力を問う。
太平洋戦争開戦80年。『独ソ戦』著者の新境地、五十六論の総決算!
戦略、作戦、戦術の三次元で神話と俗説を解体する。

戦争に反対しながら、戦争を指揮したことで「悲劇の提督」となった山本五十六。
そのイメージは名将から、その反動としての凡将・愚将論まで、百家争鳴の状態となっている。
しかし、これまでの研究は政治との関わりに集中し、軍人・用兵思想家としての評価は後景に退いていた。
戦略・作戦・戦術の三次元における指揮能力と統率の面から、初めて山本を解剖する!

■山本は独ソ和平工作を仕掛けていた
■真珠湾攻撃、第二撃は当時から断念やむなしの空気だった
■ハワイを爆撃できる航空機を求めていた山本
■MI作戦(ミッドウェイ攻略)は最初から杜撰な計画だった。
■1930年代の山本の評価は「軟弱な親英米派」
■第一次ロンドン軍縮会議では山本は艦隊派に与していた。
■航空主兵論に大きな影響を与えた堀悌吉
■陸攻は戦略爆撃でなくアメリカ艦隊撃破のためにつくられた
■「半年か一年の間は随分暴れてご覧に入れる」の真相
■山本は戦艦を捨てきれなかった
■ミッドウェイで戦術的怠惰はあった

【目次】
序 章 山本五十六評価の変遷と本書の視点
第一章 雪国生まれの海軍士官
第二章 翼にめざめる
第三章 戦略家開眼
第四章 第二次ロンドン会議代表から航空本部長へ
第五章 政治と戦略
第六章 連合艦隊司令長官
第七章 真珠湾へ
第八章 山本戦略の栄光と挫折
第九章 南溟の終止符
終 章 用兵思想からの再評価
あとがき
主要参考文献

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「「太平洋の巨鷲」山本五十六 用兵思想からみた真価」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 気鋭の戦史研究者の手による、用兵思想から山本五十六を論じた書。その試みは一定の成果を上げているとは思うが、「あとがき」にあるように、どこか山本の人柄に引きずられて、やや評価が甘くなっているようにも思う 気鋭の戦史研究者の手による、用兵思想から山本五十六を論じた書。その試みは一定の成果を上げているとは思うが、「あとがき」にあるように、どこか山本の人柄に引きずられて、やや評価が甘くなっているようにも思う。それだけ魅力的な人物ということなのだろう。本書を読んで思うに、山本が「勝っているうちに外交で戦争を終わらせて欲しい」と考えていたようだが、著者が指摘する20世紀の総力戦がそういった終わり方が難しいということに、山本が気付いていなかったことが実は本質ではあるまいか。勝てば続けたくなるのが軍の宿痾だろう。 …続きを読む
    skunk_c
    2021年07月18日
    62人がナイス!しています
  • 現下のオリンピックの状況を鑑みるに、止めるべき事を止めてこその戦略家ではないかな。著者は戦略・用兵次元で評価すると総括するのだけど、自分はやっぱり「半年、一年くらいは」への井上成美の批判を支持/金持ち 現下のオリンピックの状況を鑑みるに、止めるべき事を止めてこその戦略家ではないかな。著者は戦略・用兵次元で評価すると総括するのだけど、自分はやっぱり「半年、一年くらいは」への井上成美の批判を支持/金持ちの家の床の間には立派な置き物がある。…実用的の価値はないが、これあるが故に金持ちとして無形的な種々の利益を受けている…戦艦は、なるほど実用的価値は低下してきたが、まだ世界的に戦艦主兵の思想が強く、国際的には海軍力の象徴として大きな影響力がある。…戦艦を床の間の置き物だと考え、あまり廃止廃止と主張するな …続きを読む
    樋口佳之
    2021年07月10日
    41人がナイス!しています
  • 著者的には、「満を持して」日本軍人の中でも、難易度の高いテーマ「山本五十六」に挑んだという1冊。 従来のものとは違う視点で(テーマを絞って)新味を出したいところであったろうが、内容的には消化不良と感じ 著者的には、「満を持して」日本軍人の中でも、難易度の高いテーマ「山本五十六」に挑んだという1冊。 従来のものとは違う視点で(テーマを絞って)新味を出したいところであったろうが、内容的には消化不良と感じた。(多分著者自身がそれを痛感されているのではないか?) これまでの、何冊かは新書という制約と上手く折り合いをつけていたが、今作については、それが難しかったか。 それでも、幾つか初見の問題や、通説への批判など、読み応えはあったと思う。 ワタシとほぼ同世代の著者であるから、長い間山本が、(続く) …続きを読む
    蜻蛉切
    2021年07月22日
    26人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品