角川新書

「砂漠の狐」ロンメル ヒトラーの将軍の栄光と悲惨

第二次世界大戦を動かした男の虚像と実像を暴く。俗説を打破する決定版!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年03月09日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
320
ISBN:
9784040822556
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川新書

「砂漠の狐」ロンメル ヒトラーの将軍の栄光と悲惨

第二次世界大戦を動かした男の虚像と実像を暴く。俗説を打破する決定版!

  • 著者 大木 毅
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年03月09日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
320
ISBN:
9784040822556

第二次世界大戦を動かした男の虚像と実像を暴く。俗説を打破する決定版!

ヒトラーの忠実なる“軍人”か、誠実なる“反逆者”か。
第二次世界大戦を動かした男の虚像と実像を暴く。
これまでの俗説を打破する決定版!!

ドイツ国防軍で最も有名な将軍で、第二次世界大戦の際は連合国からナポレオン以来の名将とまで言われた男、ロンメル。
最後はヒトラー暗殺の陰謀に加担したとされ、非業の死を遂げるが、北アフリカ戦線の活躍から名づけられた「砂漠の狐」の名称は広く知られている。
ところが、日本ではとうの昔に否定された40年近く前の説が生きている程、ロンメル研究は遅れていた。

ロンメルは、ヒトラー暗殺計画に気づいていたのか!? 知っていたとしたら、それを支持していたのか!? 最新学説を盛り込んだ一級の評伝!

「日本では【略】、軍事はアカデミズムにおいて扱われない。
一方、「本職」の自衛隊や旧軍人のあいだでも、戦前、みっちりとドイツ語教育を受けた世代が退くにつれ、
第二次世界大戦の欧州方面の歴史に関する研究が紹介されることもなくなってきたのである。
 【略】もちろん、ミリタリー本などでは、多々ロンメルが取り上げられてはいたものの、
それらのほとんどは、1980年代の段階にとどまっており、なかには、
アーヴィングの『狐の足跡』の歪曲を無批判に踏襲するばかりか、誇張して広めるものさえあったのだ。」(「あとがき」より)

もくじ

序 章 死せる狐
第一章 ロンメル評価の変化
 英雄「演出」/偶像破壊/進む再評価

第二章 「アウトサイダー」ロンメル
 プロイセンの出自にあらず/数学者の息子/傍流から入る/「連隊付の立派な将校」/中産階級の恋愛


第三章 第一次世界大戦のロンメル
 ロンメル出陣す/初陣/頭角を現す/一級鉄十字章を得る/山岳大隊へ/山岳機動戦/コスナ山の戦闘/イゾンツォ戦線における攻勢/マタユール山の戦功/誇張された栄光か?

第四章 ナチスの時代へ
 革命勢力の鎮圧/ライヒスヴェーア将校/「万年大尉」/進級を乞う/初めてヒトラーに接する/『歩兵は攻撃する』/総統護衛隊長

第五章 幽霊師団
 ポーランドをゆく/マンシュタイン・プラン/第七装甲師団/ムーズ川渡河/停止せず/重戦車と対決する/西方戦役の終幕/毀誉褒貶

第六章 ドイツ・アフリカ軍団
 総統指令第二二号/砂漠に向かうロンメル/いっさいを取り戻す/キレナイカ反攻/第一次トブルク攻撃

第七章 熱砂の機動戦
 高まるロンメル批判/「簡潔」と「戦斧」/装甲兵大将/攻勢を急ぐロンメル/「クルセーダー」作戦/死者慰霊日の戦車戦/「金網柵への突進」

第八章 エル・アラメインへ
 振り出しに戻る/躍進する狐/「テセウス」作戦/魔女の大釜/トブルク陥落/限界に達したアフリカ装甲軍/補給は来なかったのか?

第九章 アフリカの落日
 病に襲われたロンメル/挫折と帰国/勝利か死か/苦悩するロンメル/ヒトラーとの対決/二元指揮/アフリカの幕は下りた

第一〇章 イタリアの幕間劇
 ロンメル特別幕僚部/「アーラリヒ」と「枢軸」/「苛酷な取り扱いを受ける」

第一一章 いちばん長い日
 大西洋の壁/装甲部隊論争/どこに上陸するのか?/「私はどうかしていた」/重傷を負ったロンメル/ロンメルは知っていた

終章 ロンメルとは誰だったのか

あとがき
主要参考文献

メディアミックス情報

NEWS

「「砂漠の狐」ロンメル ヒトラーの将軍の栄光と悲惨」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 非プロイセン・非ユンカー・非幼年学校卒・非陸大というキャリアがロンメル本人に長短な能力、運命を与えた。第一次世界大戦の山岳戦から、独断専行な行動力が認められた。師団長以上の能力に欠けるというのは、陸大 非プロイセン・非ユンカー・非幼年学校卒・非陸大というキャリアがロンメル本人に長短な能力、運命を与えた。第一次世界大戦の山岳戦から、独断専行な行動力が認められた。師団長以上の能力に欠けるというのは、陸大での教育を受けていないこと、補給線の軽視が挙げられる。非キャリア筋からの過大な業績アピールも多くの反感を買った。ヒトラー暗殺未遂事件に至る顛末もヒトラーの軍事的手腕、地位の引き上げのみに関心があったロンメルが巻き込まれた感が拭えない。 …続きを読む
    さきん
    2019年05月04日
    34人がナイス!しています
  • 小学校の頃、市立図書館で偶々手に取ったケネス・マクセイ「ロンメル戦車軍団」(サンケイ出版)で、初めてロンメルというドイツ軍人を知って忽ちその虜となった事を懐かしく思い出しながら本作を読んだ。 著者とほ 小学校の頃、市立図書館で偶々手に取ったケネス・マクセイ「ロンメル戦車軍団」(サンケイ出版)で、初めてロンメルというドイツ軍人を知って忽ちその虜となった事を懐かしく思い出しながら本作を読んだ。 著者とほぼ同じ年代なので、多分子どもの頃に同じような読書体験をしているのだろうし、同じような疑問を持っていたのかなとも思えた。 つまり、ロンメルという人はいったい何者か?ということである。 これほど毀誉褒貶の激しい人も珍しいと思うほど、この人の評価は一定しないのだ。 ヒトラーの忠実なる軍人か誠実なる反逆者か(続く) …続きを読む
    蜻蛉切
    2019年03月22日
    24人がナイス!しています
  • 読み終わったというか落としたんだよorz。それはさておき、いろいろとナポレオンと同じ自己顕示欲の塊だなーというのが改めて浮彫になるという。ヴュルテンベルクで士官たる階層出身ではないという負い目という非 読み終わったというか落としたんだよorz。それはさておき、いろいろとナポレオンと同じ自己顕示欲の塊だなーというのが改めて浮彫になるという。ヴュルテンベルクで士官たる階層出身ではないという負い目という非主流派だからこその出世欲がやっぱりナポレオンを思い出すという。で、悲しいかな上級指揮官としての経験を積む前に政治的に軍団長になっちゃったあたりからが栄光でもありケチノツキハジメだったんだろうなぁ。で、確かに言われてみれば普通に他の将軍たちもやってることをやってるだけ。 …続きを読む
    Koning
    2019年03月21日
    23人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品