試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041099421

日本古典と感染症

  • 編著者 ロバート キャンベル
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041099421

病をどう受け止めどう立ち直ったのか?古典文学からせまる書き下ろし15章

医学や科学が現代よりも発達していなかったころ、人々は未知の感染症をどのようにとらえたか。感染症はいかにして広がり、そしてその困難の中、人はどのように希望を見出していったのか。『万葉集』に残る天然痘の挽歌、『源氏物語』に描かれるマラリア、『方丈記』養和の飢饉、『徒然草』などが描く流言蜚語、江戸時代の三密回避「疱瘡遠慮」、夏目漱石と腸チフスほか。約1300年間の記録をたどり感染症の地平を見わたす書き下ろし論集。



感染症で繋げる日本文学の歴史   ロバート キャンベル

『万葉集』と天平の天然痘大流行   品田悦一

平安時代物語・日記文学と感染症 虚構による「神業」の昇華   岡田貴憲

『方丈記』「養和の飢饉」に見る疫病と祈り   木下華子

神々の胸ぐらを掴んで 感染症と荒ぶる禅僧のイメージ   ディディエ・ダヴァン

流言蜚語と古典文学 鬼・髪切虫・大地震   川平敏文

中世の文芸と感染症   海野圭介

江戸時代の漢詩文と感染症   山本嘉孝

養生の基底にある思想 『延寿撮要』から『養生訓』へ   入口敦志

伝奇小説の中の疫鬼たち   木越俊介

〈病〉と向き合う村びとたちの知恵 ある山村の日記から   太田尚宏

安政のコレラ流行と歌舞伎   日置貴之

幕末役者見立絵と感染症  高橋則子

コレラと幕末戯作   山本和明

近代小説と感染症 柳浪・漱石・鴎外から   野網摩利子

もくじ

感染症で繋げる日本文学の歴史   ロバート キャンベル

『万葉集』と天平の天然痘大流行   品田悦一

平安時代物語・日記文学と感染症 虚構による「神業」の昇華   岡田貴憲

『方丈記』「養和の飢饉」に見る疫病と祈り   木下華子

神々の胸ぐらを掴んで 感染症と荒ぶる禅僧のイメージ   ディディエ・ダヴァン

流言蜚語と古典文学 鬼・髪切虫・大地震   川平敏文

中世の文芸と感染症   海野圭介

江戸時代の漢詩文と感染症   山本嘉孝

養生の基底にある思想 『延寿撮要』から『養生訓』へ   入口敦志

伝奇小説の中の疫鬼たち   木越俊介

〈病〉と向き合う村びとたちの知恵 ある山村の日記から   太田尚宏

安政のコレラ流行と歌舞伎   日置貴之

幕末役者見立絵と感染症  高橋則子

コレラと幕末戯作   山本和明

近代小説と感染症 柳浪・漱石・鴎外から   野網摩利子

メディアミックス情報

NEWS

「日本古典と感染症」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 図書館の新刊コーナーで見つけて。「万葉集」から漱石まで、日本古典から日本人が感染症とどう向き合ってきたのかを捉える書き下ろし論集。江戸時代の山村の日記やコレラ流行時の記録も含まれ、その当時の苦しみも見 図書館の新刊コーナーで見つけて。「万葉集」から漱石まで、日本古典から日本人が感染症とどう向き合ってきたのかを捉える書き下ろし論集。江戸時代の山村の日記やコレラ流行時の記録も含まれ、その当時の苦しみも見て取れる。疫病は祟りという概念や、「養生訓」に見る病気に対する道徳観が今の日本人の根底にあると論じる。「病気にかかることは、家族や社会に対する負い目になる。病気にかかってはならないのだ。だから、かかった人々に対して攻撃が行われるのである。」そんな考えがいまだに生きている悲しさを感じる。 …続きを読む
    keroppi
    2021年04月10日
    74人がナイス!しています
  • 万葉集、源氏物語、方丈記、歌舞伎の戯作や出演者変更記録など、古典から読み取る感染症の記録。流行当時の都での様子が主に語られますが、研究者によると実は前年に地方での第一波も。細菌の存在が知られる以前、明 万葉集、源氏物語、方丈記、歌舞伎の戯作や出演者変更記録など、古典から読み取る感染症の記録。流行当時の都での様子が主に語られますが、研究者によると実は前年に地方での第一波も。細菌の存在が知られる以前、明治初期までは対策はまさしく神頼み。天然痘、麻疹、マラリア、コレラその他。感染予防の方法として、街道を疫病(=神様?)が来てると知ると集落ごと山へ数週間隠れるなどは有効性が知られていたのでしょう。まじないの錦絵を「もしあっても普及しなかった」と判断した方、昨年来のアマビエさんの活躍をご存知ないのかしら。 …続きを読む
    きょう
    2021年06月19日
    8人がナイス!しています
  • 古典に疫病の流行がどのように描かれているか?という内容と思って手に取りました。方丈記はそうですが、疫病が物語、出版に与えた影響という内容も多くあります。江戸中期御山守の日記は興味深く人があっけなく死ぬ 古典に疫病の流行がどのように描かれているか?という内容と思って手に取りました。方丈記はそうですが、疫病が物語、出版に与えた影響という内容も多くあります。江戸中期御山守の日記は興味深く人があっけなく死ぬのが日常であったことがよくわかります。近代小説の部分は不要ではないでしょうか。 …続きを読む
    遊未
    2021年09月22日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品