紙屋ふじさき記念館 物語ペーパー

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年09月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041097755

紙屋ふじさき記念館 物語ペーパー

  • 著者 ほしお さなえ
  • カバーイラスト おかざきおか
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年09月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041097755

紙だから、伝わる気持ちが強くなる。 紙小物がつなぐ絆の物語。

名古屋で行われた紙こもの市への出店を手伝った百花と莉子は、終了後、美濃和紙の産地に立ち寄る一成に付いていくことに。和紙すきを体験したり、かつての職人たちの歴史を学ぶ2人。旅行中の会話で、忙しかった両親に代わり、一成が祖母で前社長夫人の薫子に育てられたこと、それで彼が紙に対して誰よりも愛情を抱くようになったことを知る。大手製紙企業の藤崎産業は同族会社で、先代の祖父から一成の叔父が現社長に就いていた。その息子で一成のいとこ浩介は、昔から何かにつけ一成をライバル視し、営業課長として記念館の不要論を唱えているという。「なくなることをあきらめていたけど、記念館は残さなくてはいけない、と思うようになった」。一成の言葉を受け、百花も奮起し応援する気持ちになる。ある日、浩介が顧客のジュエリーデザイナー雫を連れて、記念館に現れるが……。

もくじ

第一話 本美濃紙
第二話 garden diary
第三話 物語ペーパー

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「紙屋ふじさき記念館 物語ペーパー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • “温故知新”、“好きこそ物の上手なれ”いう言葉を、ふと思い出す。和紙に興味を持った百花が、和紙の素晴らしさを伝えるために、あれやこれやと努力していく姿は、微笑ましく応援したくなる。そんな中で、間違いな “温故知新”、“好きこそ物の上手なれ”いう言葉を、ふと思い出す。和紙に興味を持った百花が、和紙の素晴らしさを伝えるために、あれやこれやと努力していく姿は、微笑ましく応援したくなる。そんな中で、間違いなく嫌われるだろう浩介の存在も気になる。古き良きものを現代に残す。そして、舞台となる町すらさえも大切にしてる。優しく温かく丁寧にオブラートで包みこむようなほしおさなえワールドはいいね。いつか百花の父の小説も読んでみたい。 …続きを読む
    しんごろ
    2020年11月15日
    210人がナイス!しています
  • シリーズ2作目とは知らず読んだが、女子大生の百花がふじさき記念館でバイトしながら和紙に惹かれ、たくさんの人に知ってもらうため様々なアイデアを考えていく様子が清々しく良かった、亡き作家の父親が言っていた シリーズ2作目とは知らず読んだが、女子大生の百花がふじさき記念館でバイトしながら和紙に惹かれ、たくさんの人に知ってもらうため様々なアイデアを考えていく様子が清々しく良かった、亡き作家の父親が言っていた「紙はむかしから強い力宿すものだった」に納得、「人はみんなひとりなんだ、だからこそ生きているあいだはまわりにいる人と一緒に過ごそう」そう思える人々に恵まれ、成長していく。ほしおさんは昔ながらの手作りのものつくりが好きなんだろうな。美濃市にも行ってみたくなった。 …続きを読む
    みかん🍊
    2020年10月21日
    115人がナイス!しています
  • 前作の「麻の葉のカード」同様に良い一冊だった。「本美濃和紙」「garden diary」「物語ペーパー」の三つの話が収められているが、物語は繋がっていて、紙屋ふじさき記念館を舞台にした一つの作品だと思 前作の「麻の葉のカード」同様に良い一冊だった。「本美濃和紙」「garden diary」「物語ペーパー」の三つの話が収められているが、物語は繋がっていて、紙屋ふじさき記念館を舞台にした一つの作品だと思ってもいい。自分が特に気に入ったのは「本美濃和紙」で岐阜の美濃市を訪れて、美濃和紙の紙漉き体験をしたり、記念館を見学する話。自分も美濃市に行った事があり、あの街の素晴らしさを伝えてくれたのが嬉しかった。他の話も良くできていて和紙の魅力と、主人公、百花の人間味がよく伝わってきた。次作も楽しみだ。 …続きを読む
    のぶ
    2021年01月13日
    106人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品