紙屋ふじさき記念館 カラーインクと万年筆

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041109687

紙屋ふじさき記念館 カラーインクと万年筆

  • 著者 ほしお さなえ
  • カバーイラスト おかざきおか
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041109687

紙に書く、伝わる優しい思い。「活版印刷三日月堂」の著者による絆の物語

ふじさき記念館にインクメーカーとガラスペン作家によるコラボ企画が持ち込まれる。館長の一成は百花に協力を頼むが、「インク沼」と言われるほど人気のカラーインクに百花自身すっかり魅了されてしまう。商品のネーミングに悩む百花。ある夜、母の冬海から百花の父親の遺品である万年筆を渡される。作家だった父との会話を懐かしく思い出した百花は、自分の名前の由来が童謡「春の小川」だと知らされる。そして、企画会議で百花の出した童謡のタイトル案が採用され、カラーインク単独でも商品化され発売されることに! しかし、製造数が上がったことで藤崎の本社の営業部、一成の従兄弟浩介からの横やりがまたしても入り、企画が本社案件になってしまい……!? 紙に書く、思いを書く。そして、伝わる優しい絆。

もくじ

第一話 結の里
第二話 水引の雛飾り
第三話 カラーインクと万年筆

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「紙屋ふじさき記念館 カラーインクと万年筆」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 紙にまつわるあれこれ。結婚式やなにやの飾りとしてしか認識してなかった水引にスポットライト。江戸期には髪結にも使われて、あの『文七元結』にも出てくるのだとか。見ているようで何も見ていないものだな。ガラス 紙にまつわるあれこれ。結婚式やなにやの飾りとしてしか認識してなかった水引にスポットライト。江戸期には髪結にも使われて、あの『文七元結』にも出てくるのだとか。見ているようで何も見ていないものだな。ガラスペンとカラーインク。なにか欲しくなってきた。沼にハマるのもわかる気がする。 …続きを読む
    ジュール リブレ
    2021年03月06日
    69人がナイス!しています
  • シリーズ3作目。百花のお母さんの実家、飯田中心の水引の物語とカラーインクにガラスペン、万年筆のお話。紙とか文字とかにまつわるものやっぱり好きです。インク集めたくなる。百花がアイディア出しについて悩む場 シリーズ3作目。百花のお母さんの実家、飯田中心の水引の物語とカラーインクにガラスペン、万年筆のお話。紙とか文字とかにまつわるものやっぱり好きです。インク集めたくなる。百花がアイディア出しについて悩む場面があってすごく共感しました。思いつく前の考えても考えてもってところが大事、それまでに考えていたことが結晶化するということで、考えてないなければなにも浮かばないというところが刺さりました。苦手だなと思って私にはできないって避けてしまいがちだけど、一生懸命考えないといいものは浮かばないよなと改めて思いました。 …続きを読む
    はーちゃん
    2021年02月28日
    29人がナイス!しています
  • 大好きなシリーズ。水引でアクセサリーとか作れたら素敵だな。それにしても水引が紙でできているとは知らなかった。ガラスペンとたくさんの色のインク。文具好きにはたまらない話だった。今度じっくり見てみたい。百 大好きなシリーズ。水引でアクセサリーとか作れたら素敵だな。それにしても水引が紙でできているとは知らなかった。ガラスペンとたくさんの色のインク。文具好きにはたまらない話だった。今度じっくり見てみたい。百花も記念館の仕事に真剣だし、藤崎さんも変わってきた。記念館を残せるように頑張ってほしい。 …続きを読む
    Kana
    2021年02月27日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品