紙屋ふじさき記念館 カラーインクと万年筆

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041109687

紙屋ふじさき記念館 カラーインクと万年筆

  • 著者 ほしお さなえ
  • カバーイラスト おかざきおか
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041109687

紙に書く、伝わる優しい思い。「活版印刷三日月堂」の著者による絆の物語

ふじさき記念館にインクメーカーとガラスペン作家によるコラボ企画が持ち込まれる。館長の一成は百花に協力を頼むが、「インク沼」と言われるほど人気のカラーインクに百花自身すっかり魅了されてしまう。商品のネーミングに悩む百花。ある夜、母の冬海から百花の父親の遺品である万年筆を渡される。作家だった父との会話を懐かしく思い出した百花は、自分の名前の由来が童謡「春の小川」だと知らされる。そして、企画会議で百花の出した童謡のタイトル案が採用され、カラーインク単独でも商品化され発売されることに! しかし、製造数が上がったことで藤崎の本社の営業部、一成の従兄弟浩介からの横やりがまたしても入り、企画が本社案件になってしまい……!? 紙に書く、思いを書く。そして、伝わる優しい絆。

もくじ

第一話 結の里
第二話 水引の雛飾り
第三話 カラーインクと万年筆
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「紙屋ふじさき記念館 カラーインクと万年筆」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ほしおさなえさんの作品は、どの作品も温故知新という感じで、温かさを感じる。そして、古き良きものを今の世に、丁寧で優しく甦らせてくれるね。このシリーズも第3弾。水引や万年筆にスポットが当たる。一成と浩介 ほしおさなえさんの作品は、どの作品も温故知新という感じで、温かさを感じる。そして、古き良きものを今の世に、丁寧で優しく甦らせてくれるね。このシリーズも第3弾。水引や万年筆にスポットが当たる。一成と浩介の仲はなんとかならないか。そして、一成と百花はどんどん意見をぶつけながら、和紙の良さを世の中に伝えてほしい。そして、まだ古き良きものが眠ってるだろうから、掘り起こしてほしい。今の自分の中から一生懸命さが少しずつ失っている。だから百花の一生懸命さを見ならいたい。今作も心が温かくなりました。 …続きを読む
    しんごろ
    2021年04月13日
    223人がナイス!しています
  • 今回も和紙の温かさに魅了された。本作は水引とガラスペンの魅力をテーマにした作品だった。まず百花が水引の産地、長野県の飯田を訪ねるところから始まる。ここの水引細工は、自分も前から気に入っていたので、とて 今回も和紙の温かさに魅了された。本作は水引とガラスペンの魅力をテーマにした作品だった。まず百花が水引の産地、長野県の飯田を訪ねるところから始まる。ここの水引細工は、自分も前から気に入っていたので、とても良かった。いろいろな結び方がある事を知る事ができて蘊蓄が広がった。前作で本美濃和紙を求めて、岐阜県の美濃市を訪れた時のような嬉しさが込み上げてきた。第三話の「カラーインクと万年筆」も自分が子供の頃に使った事のあるガラスペンを想い出させてくれて、ノスタルジーに浸る事ができた。シリーズの次作が楽しみだ。 …続きを読む
    のぶ
    2021年03月18日
    124人がナイス!しています
  • 今回の目玉は水引です。水引を主人公のおばあさんがつくっているところなどを見てみたい気がします。またカラーインクやガラスのペンの話も楽しめました。わたしも以前結構高そうなガラスペンをもらったことがあるの 今回の目玉は水引です。水引を主人公のおばあさんがつくっているところなどを見てみたい気がします。またカラーインクやガラスのペンの話も楽しめました。わたしも以前結構高そうなガラスペンをもらったことがあるのですが先っぽをぶつけてしまいかけて使え亡くなった覚えがあります。ビジネスマンはあまり使えないですね。いまはゆっくりしたので使用してみようかなあという気になりました。 …続きを読む
    KAZOO
    2021年06月10日
    100人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品