オーバーライト2 ――クリスマス・ウォーズの炎

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年10月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784049133233

オーバーライト2 ――クリスマス・ウォーズの炎

  • 著者 池田 明季哉
  • イラスト みれあ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年10月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784049133233

グラフィティvs音楽――アーティストたちの尊厳を懸けた《戦争》勃発!?

 ブーディシアやグラフィティ・クルーたちとの出会いによって音楽活動を再開したヨシ。そんな彼の元にかつてのバンド仲間、ボーカルのネリナが現れる! 
「ヨシの音楽には、魂がない」――ヨシの音楽に迷いを生じさせ、日本を離れる原因となった歌姫の突然の来訪。気まぐれな態度でヨシを惑わす少女の真意は?
 一方、クリスマス間近の街ではグラフィティを否定するミュージシャンの宣戦布告をきっかけにグラフィティ排斥の動きが激化!
〈Z〉を名乗る謎の人物によって街中のグラフィティが上書きされてしまう!
 傷つけられたブーディシアのグラフィティ、立ち上がったララ率いる〈女王熊の復讐〉。ブリストルの未来、そしてヨシをめぐる三角関係の行方は?

もくじ

Prologue "Teardrop"
Chapter1 "Dissolved Girl"
Chapter2 "A Prayer for England"
Chapter3 "Flat of the Blade"
Chapter4 "Weather Storm"
Chapter5 "What Your Soul Sings"
Chapter6 "Heat Miser"
Epilogue "Future Proof"

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

電撃文庫朗読してみた『オーバーライト ――ブリストルのゴースト』(朗読/金元寿子)

CV:佐倉綾音『オーバーライト――ブリストルのゴースト』PV【電撃小説大賞《選考委員奨励賞》】

「オーバーライト2 ――クリスマス・ウォーズの炎」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ブーディシアたちとの出会いによって音楽活動を再開したヨシ。そんな彼の元にかつてのバンド仲間でボーカルのネリナが現れる第二弾。ヨシの音楽に迷いを生じさせ、日本を離れる原因となった歌姫の突然の来訪。グラフ ブーディシアたちとの出会いによって音楽活動を再開したヨシ。そんな彼の元にかつてのバンド仲間でボーカルのネリナが現れる第二弾。ヨシの音楽に迷いを生じさせ、日本を離れる原因となった歌姫の突然の来訪。グラフィティを否定するミュージシャンの宣戦布告で排斥の動きが激化してゆくブリストル。最初ヨシを振り回すネリアを見ているとどんなキャットファイトが始まるのかと思いましたけど、彼女もまたひとりのアーティストで、逡巡や苦悩、葛藤の末に見せた音楽とグラフティを巡る本気のぶつかり合い、その結末にはぐっと来るものがありました。 …続きを読む
    よっち
    2020年10月11日
    37人がナイス!しています
  • 音楽活動を再開したヨシの前に、弾けなくなった原因となったネリナが襲来する。その頃街ではミュージシャンとグラフィティ・クルーとの間に抗争がおきてしまい.......と言った話。今回はヨシの過去話とそれに 音楽活動を再開したヨシの前に、弾けなくなった原因となったネリナが襲来する。その頃街ではミュージシャンとグラフィティ・クルーとの間に抗争がおきてしまい.......と言った話。今回はヨシの過去話とそれに向き合っていくんだけども悩みながらも自分なりのやり方で解決していったのが面白かった。ネリナが思いっきりブーを食っていた印象があったけどネリナもいいキャラしてたな。ネリナとブーの二人が拳で語り合うシーンは何気に好きだわ。 …続きを読む
    アウル
    2020年10月21日
    29人がナイス!しています
  • グラフティがテーマという新鮮なライトノベルの第2巻。前回が綺麗に終わった所で不安もあったものの、見事に杞憂。非常に面白かった。今回はヨシが追ってきた過去と向き合い、それを抱えながら進んでいく姿は面白か グラフティがテーマという新鮮なライトノベルの第2巻。前回が綺麗に終わった所で不安もあったものの、見事に杞憂。非常に面白かった。今回はヨシが追ってきた過去と向き合い、それを抱えながら進んでいく姿は面白かった。前回はヨシやブーに同情的ではあったものの、ヨシの留学やグラフティそのものの問題点について改めて向き合った感じ。それぞれが、熱く、真っ直ぐに自分たちの想いのままに進む姿が好きだ。 …続きを読む
    サケ太
    2020年10月21日
    28人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品