オーバーライト2――クリスマス・ウォーズの炎

オーバーライト2――クリスマス・ウォーズの炎 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年10月10日
商品形態:
電子書籍

オーバーライト2――クリスマス・ウォーズの炎

  • 著者 池田 明季哉
  • イラスト みれあ
発売日:
2020年10月10日
商品形態:
電子書籍

グラフィティvs音楽――アーティストたちの尊厳を懸けた《戦争》勃発!?

 ブーディシアやグラフィティ・クルーたちとの出会いによって音楽活動を再開したヨシ。そんな彼の元にかつてのバンド仲間、ボーカルのネリナが現れる!
「ヨシの音楽には、魂がない」――ヨシの音楽に迷いを生じさせ、日本を離れる原因となった歌姫の突然の来訪。気まぐれな態度でヨシを惑わす少女の真意は?
 一方、クリスマス間近の街ではグラフィティを否定するミュージシャンの宣戦布告をきっかけにグラフィティ排斥の動きが激化!
〈Z〉を名乗る謎の人物によって街中のグラフィティが上書きされてしまう!
 傷つけられたブーディシアのグラフィティ、立ち上がったララ率いる〈女王熊の復讐〉。ブリストルの未来、そしてヨシをめぐる三角関係の行方は?

メディアミックス情報

NEWS

「オーバーライト2――クリスマス・ウォーズの炎」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ブーディシアたちとの出会いによって音楽活動を再開したヨシ。そんな彼の元にかつてのバンド仲間でボーカルのネリナが現れる第二弾。ヨシの音楽に迷いを生じさせ、日本を離れる原因となった歌姫の突然の来訪。グラフ ブーディシアたちとの出会いによって音楽活動を再開したヨシ。そんな彼の元にかつてのバンド仲間でボーカルのネリナが現れる第二弾。ヨシの音楽に迷いを生じさせ、日本を離れる原因となった歌姫の突然の来訪。グラフィティを否定するミュージシャンの宣戦布告で排斥の動きが激化してゆくブリストル。最初ヨシを振り回すネリアを見ているとどんなキャットファイトが始まるのかと思いましたけど、彼女もまたひとりのアーティストで、逡巡や苦悩、葛藤の末に見せた音楽とグラフティを巡る本気のぶつかり合い、その結末にはぐっと来るものがありました。 …続きを読む
    よっち
    2020年10月11日
    30人がナイス!しています
  • ブリストルの街。グラフィティに対する風当たりが強くなってしまい、音楽との戦いが始まる2作目。 ヨシの元バンド仲間のネリナのキャラがすごくよかった。強かさが好き。 正しさを超えた先で、魂がぶつかり合う、 ブリストルの街。グラフィティに対する風当たりが強くなってしまい、音楽との戦いが始まる2作目。 ヨシの元バンド仲間のネリナのキャラがすごくよかった。強かさが好き。 正しさを超えた先で、魂がぶつかり合う、そんなクリスマスの最終決戦の熱量が半端なかったです。 …続きを読む
    あおやまみなみ
    2020年10月14日
    13人がナイス!しています
  • ネリナちゃん、クッソ可愛い。 猫被ってて、傲慢で、努力家で、媚びを売るけど泥臭さは見せず、そして芯が太いけれど繊細。この子がヒロインだったらと思わずには居られない。 展開はグラフティが犯罪行為であると ネリナちゃん、クッソ可愛い。 猫被ってて、傲慢で、努力家で、媚びを売るけど泥臭さは見せず、そして芯が太いけれど繊細。この子がヒロインだったらと思わずには居られない。 展開はグラフティが犯罪行為であるということを起点にした対立であり、結構根深く掘っている所に驚いた。 全盛期とは違い、落ち着いた現在ではグラフティの存在に懐疑的なのもあるのだろう。芸術の多様性は難しい。 ただ、ラストは正直ウヤムヤでキャラ動機も臭かったので残念だが、キャラ自体は光っていた。後書き以降にもあるが本当にモデルがいるのかもしれない。 …続きを読む
    のれん
    2020年10月11日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品