普及版 パソコンがなくてもできる! はじめてのプログラミング

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ニコカド祭り2020
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年09月11日
判型:
B5判
商品形態:
単行本
ページ数:
112
ISBN:
9784049110555
ニコカド祭り2020

普及版 パソコンがなくてもできる! はじめてのプログラミング

  • 著者 松林 弘治
  • 監修 坂村 健
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年09月11日
判型:
B5判
商品形態:
単行本
ページ数:
112
ISBN:
9784049110555

必修科目となった「プログラミング」をエンピツとハサミだけで学べる!

2020年度より、小中学校でプログラミング教育が必修となりました。
国語や算数など、さまざまな教科の中で、プログラミングについて、学ぶことになります。

けれども、プログラミングと聞くと、何かすごく難しそうなものだと思いませんか?
パソコンで、よくわからないソフトを使わなければならず、はたして子どもに教えられるのか、不安になったりしないでしょうか?

大丈夫です。プログラミングの基本は、実はパソコンやスマートフォンがなくても学べるのです。
この本では、子どもたちは紙のカードを並べ、カード遊びをするような感覚で、プログラミングを学ぶことができます。
まずはこの本で、プログラミングとはこういうものだ、こういうふうに考えればいいのだと、体験してみてください。
ものごとを、プログラミングするように考えるという、プログラミング教育の大きな目的である「プログラミング的思考」は、この本でも十分育むことができます。

2017年に、主に小学校図書室に向けた本として『パソコンがなくてもわかる はじめてのプログラミング』全3巻を発売し、多くの学校に置いていただきました。
子どもたちにも大人気のその『はじめてのプログラミング』を、今回、プログラミング教育必修化の開始にあわせて1冊にまとめ、お求めやすい価格にして、お近くの本屋さんでも買えるようしたのがこの本です。
すでに実績ある内容ですので、お子さまと一緒に、ぜひ安心してお楽しみください。

もくじ

「プログラミング」って何だろう?
・まっすぐ動かしてみよう
・曲がってみよう
・自由に動かそう

「繰り返し」ってすごい!
・繰り返しを繰り返そう
・迷路に挑戦

「もしも」があればいろいろできる
・マス目の終わりまで進むには?
・キャラクターを動かそう
・対戦ゲームに挑戦

アルゴリズムって何だろう?
・秘密の暗号
・絵を数字で伝えよう
・一筆書きで遊ぼう
・本を並べ替えよう
・背の順に並べ!
ほか

メディアミックス情報

NEWS

最近チェックした商品