パンデミック客船 「ダイヤモンド・プリンセス号」からの生還

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年05月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784046048622

パンデミック客船 「ダイヤモンド・プリンセス号」からの生還

  • 著者 小柳 剛
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年05月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784046048622

新型コロナウイルスが蔓延するクルーズ船の乗客が見た疑惑と混乱の17日間

2020年1月下旬、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」号に乗り込んだ乗客約2700人は、中国・ベトナム・台湾を巡る船旅を満喫していた。しかし、2月3日の夕方、香港で下船した乗客が新型コロナウイルスに感染していたことが船内放送で流れた瞬間、楽しかった旅の思い出も暗転した。その日、横浜港からそれぞれの帰路につくはずだったのに、検疫のために横浜・大黒ふ頭に停泊することを余儀なくされたのだ。検査の結果、まず10人の感染が発覚、さらに感染者数はふくらみ、隔離されていたにもかかわらず、4000人近い乗員・乗客のうち約800人に感染、7人が死亡した。発覚以来、2週間以上閉ざされた空間でいったい何が起きていたのか。浮き彫りになったのは、危機における政府や船会社の存在感の希薄さと無責任さだった。運悪くこの船に乗り合わせた乗客が克明に描く、不安と混乱の2週間。

・序章 クルーズ船の光と影
・出港 旅のはじまり 
・帰港 危機感なしの隔離前日
・隔離 自由を奪われた船内
・不安 隔離は次のフェーズへ
・疑念 下船はいつはじまる?
・解放 ようやく下船、そして下船後
・対談 小柳 剛×加藤邦英 「乗客には船会社や国の顔はまったく見えなかった」

もくじ

・序章 クルーズ船の光と影
・出港 旅のはじまり 
・帰港 危機感なしの隔離前日
・隔離 自由を奪われた船内
・不安 隔離は次のフェーズへ
・疑念 下船はいつはじまる?
・解放 ようやく下船、そして下船後
・対談 小柳 剛×加藤邦英 「乗客には船会社や国の顔はまったく見えなかった」

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「パンデミック客船 「ダイヤモンド・プリンセス号」からの生還」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • この春のテレビニュースは毎日の様にプリンセス号が登場した。その中に監禁されていた人が何千人もいたわけだ。高齢者が多数なので、当然ながらクスリが必要だった。外国籍の船ではクルーの言葉もテレビの受信も「日 この春のテレビニュースは毎日の様にプリンセス号が登場した。その中に監禁されていた人が何千人もいたわけだ。高齢者が多数なので、当然ながらクスリが必要だった。外国籍の船ではクルーの言葉もテレビの受信も「日本」ではない。横浜に停泊していても日本のマスコミ情報が入らないのは理不尽な話。厚労省の役人の言葉の白々しいこと!著者が言うように、そのまま今の日本の権力者を示している。これから更にコロナを経て国のあり方が問われるなぁ。 …続きを読む
    ジュースの素
    2020年08月09日
    9人がナイス!しています
  • 隔離が決まり、先の見えない日々と現場の混乱を目の当たりにして不安なのはわかる。船会社や厚生労働省の対応も完璧だとは思わないし問題提起も必要だろう。だがそれにしても文句がすごくて読んでいて辟易してしまう 隔離が決まり、先の見えない日々と現場の混乱を目の当たりにして不安なのはわかる。船会社や厚生労働省の対応も完璧だとは思わないし問題提起も必要だろう。だがそれにしても文句がすごくて読んでいて辟易してしまう。その主な原因は薬がなかなか届かなかったからではないだろうか。持病がある者にとって薬が切れることは体調不良を意味し、それはメンタルに直結する。当時他の乗客のSNSも追いかけていたが、薬問題のない方は冷静だったように思う。外部の記者と頻繁にやり取りしていた割には情報を得るのが下手なのではないかと思ってしまった。 …続きを読む
    多津子
    2021年04月25日
    5人がナイス!しています
  • 一言で言い表すなら、想像力の欠片も持たない年寄りの文句垂れ日記。 同情を求めるように持病の話を持ち出しているが、命に関わるウイルスの問題と比べたらなんて些細な事だろう。 著者には感謝の心というものが 一言で言い表すなら、想像力の欠片も持たない年寄りの文句垂れ日記。 同情を求めるように持病の話を持ち出しているが、命に関わるウイルスの問題と比べたらなんて些細な事だろう。 著者には感謝の心というものが微塵も無いらしい、捻くれて育った人間なのだと思う。 自分たち老人を助けるために必死に動いてくれている人間に対する文句しか書いていない。本当に。 特に酷いと思ったのが、関係のないダイヤモンドプリンセス号への批判。格安で船に乗っている癖に、その値段以上のサービスを求める迷惑な客そのもの。 …続きを読む
    メアリアン
    2020年08月23日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品