やがて僕は大軍師と呼ばれるらしい3

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
260
ISBN:
9784040647326

やがて僕は大軍師と呼ばれるらしい3

  • 著者 芝村 裕吏
  • イラスト 片桐 雛太
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
260
ISBN:
9784040647326

ガーディ VS 10万の大軍――異端のヒロイック・ファンタジー第3弾!

僅かな仲間と共に森州平定という大偉業を成し遂げながらも、相変わらず俗世に疎いガーディ。そんな彼を放っておけないフローリン姫の近侍に取り立てられた矢先、次なる戦いが忍び寄っていた。沿海州リエメンを率いる女王ニフレディルが、国の存亡を賭けて10万の大軍を率いてイントラシアへの侵攻を準備していたのだ。その動きを事前に察知したガーディはフローリン陣営の指揮官として、思わぬ人物との同盟を提案する。そして、種族を分け隔てない“究極の優しさ”が、決死の侵略軍すらも救う軍略へと至る時、誰もが予想しない結末が待ち受けていた――!

メディアミックス情報

NEWS

「やがて僕は大軍師と呼ばれるらしい3」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • キャラクターの人物像や言動が濃いライトノベルのものなのに、語り口が重厚な軍記を読んでいるようで今回も楽しめた。物語のステージが順調に上がってきたし、主人公も軍師らしさを発揮し始める。作品の独特の語り口 キャラクターの人物像や言動が濃いライトノベルのものなのに、語り口が重厚な軍記を読んでいるようで今回も楽しめた。物語のステージが順調に上がってきたし、主人公も軍師らしさを発揮し始める。作品の独特の語り口は雰囲気だけではなく、お話に没入させる効果にもなっているし、これからの展開を予感させてスケール感が出ているように思う。また異世界の常識や価値観がよく書き込まれていて感心した。種族によってどういう考え方をするのか?みたいのが興味深い。それゆえに主人公の有りようの特異さも浮き彫りになる。なかなかに手堅い仕上がり。 …続きを読む
    海猫
    2020年09月29日
    65人がナイス!しています
  • 僅かな仲間と森州平定という大偉業を成し遂げながらも、相変わらず俗世に疎いガーディ。そこに沿海州リエメンを率いる女王ニフレディルが、国の存亡を賭けて10万の大軍を率いてイントラシアへ侵攻する第三弾。すっ 僅かな仲間と森州平定という大偉業を成し遂げながらも、相変わらず俗世に疎いガーディ。そこに沿海州リエメンを率いる女王ニフレディルが、国の存亡を賭けて10万の大軍を率いてイントラシアへ侵攻する第三弾。すっかりフローリン姫に懐かれたガーディはどうにも脇の甘さが目立ちますけど、それとリエメンの侵攻計画を見事に的中させて、その10万の大軍相手に壮絶な戦いを見せた采配のギャップが大きかったです(苦笑)立て続けの大戦果からフローリン姫の国内における立ち位置も変わりつつあって、ここからまたその歴史が大きく動きそうですね。 …続きを読む
    よっち
    2020年09月25日
    35人がナイス!しています
  • 面白かった。相変わらず世界は厳しいなあ。大水害で追い詰められた国が、下手に有能な指導者に恵まれてしまった為に、大兵力でイントラシアに侵攻してくる話。主人公の軍師っぷりが炸裂してて、そこは十分楽しめるん 面白かった。相変わらず世界は厳しいなあ。大水害で追い詰められた国が、下手に有能な指導者に恵まれてしまった為に、大兵力でイントラシアに侵攻してくる話。主人公の軍師っぷりが炸裂してて、そこは十分楽しめるんだけど、結果も壮絶。最終的に七国十四州の力関係が壊れ、小康状態の終焉で本格的な潰し合いの開始。フローリン姫は完全に“救国の英雄”になってしまい、次巻は本国の父兄と骨肉の争い勃発かな。それにしても今回のラスト、微笑ましいというよりは若干異様だった。ガーディが精神的に一杯一杯だったことも示したかったんだろうけど。 …続きを読む
    S.T.
    2020年09月29日
    26人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品