血統のトリセツ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年03月31日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
176
ISBN:
9784047361447

血統のトリセツ

  • 著者 坂上 明大
  • 著者 生駒 永観
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年03月31日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
176
ISBN:
9784047361447

血統を馬券に活かしたひとのために

サラブレ本誌で連載中の「種牡馬のトリセツ」を大幅加筆修正しパワーアップし、タイトルを変えて単行本化!
主要種牡馬1頭ごとに「馬券のツボ」と「配合のトリセツ」に分け、馬券検討に繋がる特徴を解説するほか、新種牡馬や「血統のイロハ」、「重要血統一覧」などを追加。
登場種牡馬:ディープインパクト、キングカメハメハ、ロードカナロア、ステイゴールド、ハーツクライ、キンシャサノキセキ、
ゴールドアリュール、ハービンジャー、ルーラーシップ、ダイワメジャー、オルフェーヴル、クロフネなど

お詫びと訂正

本書67ページのオルフェーヴルの配合のトリセツ、p75のヘニーヒューズ、p79のスクリーンヒーローと配合のトリセツの一部について、誤って他馬のものが掲載されております。

読者ならびに関係者の方々にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げるとともに以下のように訂正いたします。

(正)

p67 オルフェーヴル

「配合のトリセツ①自己主張型」

 先述の通り、本馬はノーザンテースト的な特徴を強く伝え、同じくノーザンテーストらしさを伝えるダイワメジャーと似た傾向にある。そのため、ダイワメジャーもそうであった通り、非常に自己主張の強い種牡馬といえそうだ。今のところは自身から瞬発力を差し引いた産駒を多く出している印象。エポカドーロやサラス、エスポワールあたりを標準型とみるのがいい。

「配合のトリセツ②Nureyev≒Sadler's Wells」

 自己主張が強い中でも注目したい配合がNureyev≒Sadler's Wellsを持つ牝馬との相性の良さ。これはオルフェーヴルの母母エレクトロアートがNorthern Dancer、Lt.Stevens(=Thong)、Hyperionの組み合わせを持つため、同じくそれらを持つNureyevやSadler's Wells(=Fairy King)とは非常に相性がいいわけだ。ラッキーライラック(17年阪神JF、19年エリザベス女王杯)やサラス(19年マーメイドS)、エスポワール(19年ターコイズS2着)など多くの代表産駒がこのパターンに該当する。

 特にその中でも注目がキングカメハメハとの相性の良さ。タガノディアマンテ(20年万葉S)を筆頭に勝ち馬を量産しており、勝ち上がり率29.5%と低ア

ベレージのオルフェーヴル産駒の中で52.9%の高アベレージは驚異的。今後もこの組み合わせには注目したい。

●代表例:ラッキーライラック・サラス・エスポワール・タガノディアマンテ

p75 ヘニーヒューズ

「配合のトリセツ①自己主張型」

 母Meadow Flyerは父MeadowlakeがBlue Moon≒Nothirdchanceの2×3、自身がEight Thirty≒War Relicの4×5を持ち北米血脈特有のパワーを伝える繁殖牝馬。そこにヘネシーをつけたのが本馬であり、自身はEight Thirty≒War Relicの7×5・6と母のパワー源を継続する形。5代内にクロスを持たないが、北米的なパワーを産駒に強く伝えるのが種牡馬ヘニーヒューズであり、自己主張の強い種牡馬とみていいだろう。

p79スクリーンヒーロー

「配合のトリセツ②Halo≒Red God」

 Halo≒Red Godから軽いスピードを受け継いでいる本馬だが、ここを継続する産駒からは父似の芝馬が多く出ている。グァンチャーレ(15年シンザン記念)やミュゼエイリアン(15年毎日杯)、マイネルグリット(19年小倉2歳S)、クリノガウディー(18年朝日杯FS2着)などがこれに該当。特にHaloを直接クロスした馬の勝ち上がり率は40%と高打率で、前記のグァンチャーレやマイネルグリット、クリノガウディーなどが当てはまる。ただ、サンデーサイレンス経由でのHaloクロスは柔らかさが伝わりすぎるためかあまり効果がないので注意が必要だ。

●代表例:グァンチャーレ・ミュゼエイリアン・クリノガウディー・マイネルグリット

「配合のトリセツ③Roberto」

 Roberto系グラスワンダー産駒の自身だが、Robertoを継続する産駒はダートでの活躍が目立つ。アベレージは高くないが、OP馬プロトコルを筆頭にダート馬が多く、芝での成績は散々だ。Robertoクロス馬のダート替わりには要注意。

●代表例:プロトコル


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

最近チェックした商品