試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
338
ISBN:
9784049132229

座敷童子の代理人8

  • 著者 仁科 裕貴
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
338
ISBN:
9784049132229

遠野のあやかし騒動はまだまだ終わらない!

 八月下旬。ようやく暑さが和らいできたある日、迷家荘の蔵から謎の絵画が発見された。ふと手にした和紗だったが、突然倒れてしまう事態に。どうやら霊に取り憑かれてしまった様子。
 司貴たちが霊の正体を暴くべく調査を始めると、発見された絵画が“供養絵額”と呼ばれる死者の鎮魂のために描かれたものだと判明する。その絵に込められた想いを紐解くとき、事態は遠野全体を巻き込む大騒動に発展し――!?
 司貴と和紗の関係も気になる、大人気シリーズ第8巻! 

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「座敷童子の代理人8」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • そうきたか、って感じでした。とても久しぶりのシリーズで、ちょっと既に懐かしい…。でもしっかり面白かった。くだ子のキャラが強烈で可愛い。本宮くんはあんまり好きなタイプじゃなかったけど、かえって二人に幸あ そうきたか、って感じでした。とても久しぶりのシリーズで、ちょっと既に懐かしい…。でもしっかり面白かった。くだ子のキャラが強烈で可愛い。本宮くんはあんまり好きなタイプじゃなかったけど、かえって二人に幸あれと思えました。思いがけない展開がどんどん起きて、でも最後にすっきりまとまるのはこの作品の持ち味かな。シリーズ再開ということで、まだまだ続きそうですが次の巻は早めにお願いします。忘れちゃうから…。 …続きを読む
    らーす
    2020年10月26日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品