試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年05月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
338
ISBN:
9784048652087

座敷童子の代理人

  • 著者 仁科 裕貴
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年05月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
338
ISBN:
9784048652087

奇妙な縁で結ばれた“座敷童子たち”が贈る、あったかコージーミステリー

人生崖っぷちの妖怪作家・緒方司貴がネタ探しに向かったのは、座敷童子がいると噂の旅館・迷家荘。だが、司貴はいなくなってしまった座敷童子の代わりに、謎の少年に導かれ、妖怪の悩みを解決することに!?


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「座敷童子の代理人」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 妖怪好きの売れない小説家緒方司貴は、取材旅行で岩手県遠野市を訪れ、座敷童子が現れるという旅館「迷家荘」に宿泊する。そこで出会った座敷童子に妖怪を目にする力を与えられ、旅館で起こる様々な事件を解決してい 妖怪好きの売れない小説家緒方司貴は、取材旅行で岩手県遠野市を訪れ、座敷童子が現れるという旅館「迷家荘」に宿泊する。そこで出会った座敷童子に妖怪を目にする力を与えられ、旅館で起こる様々な事件を解決していく。実際に遠野市には座敷童子が居るといわれる旅館があったが、火災で焼失してしまった。今作でもそれを意識した設定が盛り込まれていた。司貴の世話を焼く仲居の和紗と博識な座敷童子が、多くの人の心や絆を結び直していく様子が素敵だった。次巻では「迷家荘」の従業員として働く司貴と和紗の仲がどのように進展していくのか楽しみ …続きを読む
    スズ
    2016年10月03日
    82人がナイス!しています
  • 座敷童子の代理人。このタイトルを与えられたら私はどんな風に書こうかな。売れている要素さえ見いだせればまあどうにかなるんだろう。そんなことを考えさせられる冒頭でした。きっと作者の仁科さんも少なからず同じ 座敷童子の代理人。このタイトルを与えられたら私はどんな風に書こうかな。売れている要素さえ見いだせればまあどうにかなるんだろう。そんなことを考えさせられる冒頭でした。きっと作者の仁科さんも少なからず同じ問題にぶち当たったんだろうな。それ位リアルに皮肉っていました。お話としては中盤の結婚式の場面が好き。ゲストが一堂に会しているのを想像するだけで楽しいです。登場人物(妖怪?)なら河童さんが好き。いい男です。結末の二転三転は理解できず四苦八苦。結局何なんだろう、何の問題があるのかな、と妖怪に化かされた気持ちです。 …続きを読む
    ひめありす@灯れ松明の火1124亡羊會
    2017年02月18日
    76人がナイス!しています
  • 「神様の御用人」の二番煎じかと予想していたけれど、それ未満。普通に良い話っぽいしつまらなくはないのだけれど、どういうわけかさっぱり響いてこない 「神様の御用人」の二番煎じかと予想していたけれど、それ未満。普通に良い話っぽいしつまらなくはないのだけれど、どういうわけかさっぱり響いてこない
    た〜
    2015年05月30日
    74人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品