試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年09月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041095768

青梅線レポートの謎

  • 著者 西村 京太郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年09月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041095768

OMレポートを知らないか……奥多摩で訪ねていた男が刺殺された……

奥多摩で「OMレポート、もしくは青梅線レポートを知らないか」と訪ね歩いていた男が刺殺された。被害者の足どりを追って奥多摩へ向かうことになった十津川警部。数ヶ月前、奥多摩町役場の助役の娘・亜紀も、同じ言葉を口にしていたが、行方不明になっていたことが判明する。十津川は、亜紀の部屋で見つけた30cmくらいのロボットを警察に持ち帰ったところ、そのロボットが爆発。さらに、AIの第一人者の謎
の死、奥多摩で発見されるクローンの猿と、謎が謎を呼んでいく……。奥多摩で進行する、巨大な陰謀とは……。そして、十津川警部の前に現れたのは、今までにない最新の敵だった!?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「青梅線レポートの謎」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 十津川警部シリーズのストーリーって多彩なので読むまでどんな内容なのかと。永遠の命をAI技術を使って開発。サイボークとロボットが支配する世界へと。最後は機械人間と人類との戦争みたいな。もうミステリーとい 十津川警部シリーズのストーリーって多彩なので読むまでどんな内容なのかと。永遠の命をAI技術を使って開発。サイボークとロボットが支配する世界へと。最後は機械人間と人類との戦争みたいな。もうミステリーというよりはSF小説みたないストーリーに。警視庁警部というより地球防衛隊じゃないの?なんて。歴史小説だったり、戦争小説だったり、ミステリーがあったり。こういった内容だから息が長いシリーズなんでしょうね。本作は趣味ではありませんでした。次作に期待。 …続きを読む
    尾塚
    2021年01月11日
    9人がナイス!しています
  • 東京の立川から奥多摩までの青梅線は、青梅駅を境に性格が激変する。過疎化を防ぎたい奥多摩。「青梅線レポート」の言葉を残して刺殺された人、行方不明になった人が出た。鉄道ミステリーを得意とする作者には珍しく 東京の立川から奥多摩までの青梅線は、青梅駅を境に性格が激変する。過疎化を防ぎたい奥多摩。「青梅線レポート」の言葉を残して刺殺された人、行方不明になった人が出た。鉄道ミステリーを得意とする作者には珍しく、本書はSFの匂いがする。初出2017年当時の流行言葉、AI、ロボット、シンギュラリティがキーワード。SF作品としてみるとステレオタイプだし、強引だし。最先端のものづくりをなめてんじゃねぇよ!とチコちゃんに怒られそうだね。 …続きを読む
    きまたよ
    2020年10月22日
    7人がナイス!しています
  • 体を張って命も懸ける、日常では考えられないハリウッド映画のような内容だった。2時間ドラマの十津川警部シリーズが好きだけど、それとはちょっと違う感じでおもしろかった。亡くなった人たちが、実は生き返るとい 体を張って命も懸ける、日常では考えられないハリウッド映画のような内容だった。2時間ドラマの十津川警部シリーズが好きだけど、それとはちょっと違う感じでおもしろかった。亡くなった人たちが、実は生き返るという内容を期待したけど、さすがにそれはなかったみたい。 …続きを読む
    さち
    2021年03月12日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品