試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ニコカド祭り2020
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年10月01日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041095669
ニコカド祭り2020

イノセンス

  • 著者 小林 由香
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年10月01日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041095669

一度過ちをおかした人間は、 人を好きになってはいけないのだろうか。

【Innocence:[名]無罪、潔白】

音海星吾は美術サークルに所属する大学生。中学生時代、不良に絡まれた星吾は、彼を助けようとして身代わりに刺された青年を見捨てて逃げてしまう。青年はその後死亡したため、星吾はネット社会を中心とした世間の誹謗中傷を浴び続ける。
大学入学後も星吾は心を閉ざして生きていたが、ある日、ホームから飛び降りようとした中年男性に「そんなに死にたいなら、夜にやってよ。朝やられると迷惑なんだ」と心無い言葉をぶつけてしまう。現場を目撃していた同じ大学の学生・紗椰にその言葉を批判されるが、それがきっかけで星吾は彼女と交流を持つようになる。星吾は心惹かれるようになった紗椰に思いを告げようとするが、自らの過去の重みのため、踏み出すことができない。コンビニのバイト仲間の吉田光輝、美術サークルの顧問・宇佐美ら周囲の人間との交流を通して、徐々に人間らしい心を取り戻しかける星吾。
そんななか、星吾を狙うように美術室の花瓶が投げ落とされ、さらに信号待ちの際、車道に突き飛ばされるという事件が起こる。星吾を襲う犯人の正体は? そして星吾の選択とは――。

一度過ちをおかした人間は、
人を好きになってはいけないのだろうか。
魂を揺さぶるラストが待ち受ける、慟哭のサスペンス!

メディアミックス情報

NEWS

「イノセンス」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 小林 由香、三作目です。本書は、悲劇の連鎖、哀しい社会派ミステリでした。思春期、中学生の頃に負った心の傷は、一生癒される事はないのでしょうか? https://www.kadokawa.co.jp/t 小林 由香、三作目です。本書は、悲劇の連鎖、哀しい社会派ミステリでした。思春期、中学生の頃に負った心の傷は、一生癒される事はないのでしょうか? https://www.kadokawa.co.jp/topics/4870 …続きを読む
    starbro
    2020年11月09日
    234人がナイス!しています
  • 今回も考えさせられる作品だった。小林さんの作品はどうしてこんなに哀しい人が多いのだろう。罪を憎んで人を憎まずとか赦しとか・・揺れ動く思い。私の中に明確な答を持たないから苦しいのだ。優しい出来た息子を突 今回も考えさせられる作品だった。小林さんの作品はどうしてこんなに哀しい人が多いのだろう。罪を憎んで人を憎まずとか赦しとか・・揺れ動く思い。私の中に明確な答を持たないから苦しいのだ。優しい出来た息子を突然喪った家族や恋人が、それから先を恨みだけで生き抜くのは辛すぎる。自分の所為で不幸を引き寄せてしまうと、芽生えた希望が滲む人生も酷だ。後悔と贖罪。還らぬ命の重さを感じながら真摯に生きるしかないように思う。あなたなら?小林さんに今回も又問われているが、光射すラストはいつになく暖かい感じだった。 …続きを読む
    いつでも母さん
    2020年10月21日
    213人がナイス!しています
  • 「僕に人を好きになる権利はありますかー。」こんな哀しい問いに答えなんて出せる訳がない…そして僕は、こんな難解な物語を紡ぎ出す小林さんが絶対に苦手だ…中学時代に自分の代わりに刺された青年を見捨てて逃げた 「僕に人を好きになる権利はありますかー。」こんな哀しい問いに答えなんて出せる訳がない…そして僕は、こんな難解な物語を紡ぎ出す小林さんが絶対に苦手だ…中学時代に自分の代わりに刺された青年を見捨てて逃げた少年の抱える呪縛…もちろん「何故逃げた!?」と正論ぶった批判をするのは簡単だろうが、当人の恐怖や被害者や関係者の葛藤は計り知れない…そもそも一番に責められるべきは襲った悪者であり、嫌悪されるべきは勝手な誹謗中傷を繰り返す者だ…ようやく訪れた穏やかな光を噛み締めながら、彼の夢見た普通を暮らす自分の今に安堵する… …続きを読む
    nobby
    2020年10月28日
    197人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品