試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年04月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
752
ISBN:
9784044005900

日本俗信辞典 動物編

  • 著者 鈴木 棠三
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年04月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
752
ISBN:
9784044005900

空前絶後の言い伝え大全!

日本全国に伝わる言い伝えや迷信を徹底的に収集、項目ごとに分類。散発的になっていた民俗学の知識を集め、その俗信が「伝わる内容、伝わる場所」を記し、類型の話順に並べ整理する。第一弾となる本書には、動物、海の生物、虫などの生物に関連する俗信を約2800話収録。解説・常光徹

◆ウサギの尻の穴は毎年増える(広島)
◆火事の前にネズミは逃げ出す(全国)
◆山で弁当を食べた箸は折って捨てぬと、キツネに化かされる(福島・群馬・長野)
◆ツバメが巣をかける家は、縁起がよい(千葉・新潟・愛媛 他)
◆ウマの屁を笑うと、晴の場で恥をかく(茨城)

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「日本俗信辞典 動物編」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読むのではなく、辞典として、暇な時にペラっとめくるのが一番いい使い方。蜘蛛の取り扱いが、朝と晩で文字通り天地の差があるのは不思議ですね。「永田町には鵺が住む」と言いますが、鵺にいわせりゃ「私ならもっと 読むのではなく、辞典として、暇な時にペラっとめくるのが一番いい使い方。蜘蛛の取り扱いが、朝と晩で文字通り天地の差があるのは不思議ですね。「永田町には鵺が住む」と言いますが、鵺にいわせりゃ「私ならもっとすまぁとにやります」と文句を言われそう。 …続きを読む
    ホシナーたかはし
    2020年09月05日
    8人がナイス!しています
  • ・日本の俗信をひたすら纏め上げたものの、動物編(虫を含む)。著者は柳田國男の門下生で、大学生の時に俗信を禁忌の面からまとめるように言われたが果たせず、後に完成させた。 ・俗信の要点は「禁忌+違反+制裁 ・日本の俗信をひたすら纏め上げたものの、動物編(虫を含む)。著者は柳田國男の門下生で、大学生の時に俗信を禁忌の面からまとめるように言われたが果たせず、後に完成させた。 ・俗信の要点は「禁忌+違反+制裁」とのこと。 ・700ページ以上あるので何を書けばいいのか難しいが、呪文の類は「アビラウンケンソワカ」が圧倒的に人気であり、真言の強さを思い知る。 ・他、道教の「救急如律令」や呪歌、お経、古歌等々。→続く …続きを読む
    perLod(ピリオド)
    2020年10月23日
    6人がナイス!しています
  • 文京区立根津図書館で借りました。 文京区立根津図書館で借りました。
    絵具巻
    2020年09月27日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品