発酵文化人類学 微生物から見た社会のカタチ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年06月12日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041092910

発酵文化人類学 微生物から見た社会のカタチ

  • 著者 小倉 ヒラク
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年06月12日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041092910

なぜ今、こんなに発酵が人気なの? 答えはこの本の中に。待望の文庫化!

味噌、醤油、ヨーグルト、日本酒、ワインなど、世界中にある発酵食品。著者はあるきっかけで“発酵”に魅せられ、日本だけでなく世界各地に伝承された美味なる食品を求めて旅をした。発酵とは、見えない自然を捉え、ミクロの生物と関係を結び、暮らしの中に喜びを埋め込む。この総体が発酵文化であり、そのローカル文化を通して人類の不思議を解くのが「発酵文化人類学」。発酵には、オーガニック、美容、ライフスタイル、イノベーションへの発展の側面があり、単なる食品にとどまらず、人間にとっての未来の可能性があり、歴史・文化を見直すきっかけになる。発酵は、今、人類の未来を左右する最も注目を集めている分野のひとつと言える理由がそこにある。
著者は発酵のしくみや人間と微生物との関わりを学ぶ中で、発見した。発酵には未来と過去があり、“微生物と人間の共存”は社会を見直すキーワードそのものだということを。
生物学、哲学、芸術、文化人類学などの専門用語を平易に解説した待望の文庫化。参考文献満載。解説・橘ケンチ(EXILE)

もくじ

はじめに 発酵をめぐる冒険に、いざ出発
  Column1 発酵ってそもそも何ぞや?
PART1 ホモファーメンタム 
      発酵する、ゆえに我あり
  解説
  Column2 発酵と腐敗を分かつもの
PART2 風土と菌のブリコラージュ 
      手前みそとDIYムーブメント
  解説
  Column3 発酵文化の見取り図
PART3 制限から生まれる多様性 
      マイナスをプラスに醸すデザイン術
  解説
  Column4 発酵菌と酵素の違いとは?
PART4 ヒトと菌の贈与経済 
      巡り続けるコミュニケーションの環
 解説
  Column5 恥ずかしくて人に聞けないお酒の基本
PART5 醸造芸術論 
      美と感性のコスモロジー
  解説
  Column6 醸造とは何か?
PART6 発酵的ワークスタイル 
      醸造家たちの喜怒哀楽
  解説
  Column7 発酵ムーブメントの見取り図
PART7 よみがえるヤマタノオロチ 
      発酵の未来は、ヒトの未来
  解説
あとがき いざ、次なる冒険へ!
文庫版あとかき 
解説・橘ケンチ(EXILE)

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「発酵文化人類学 微生物から見た社会のカタチ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • たまたま本屋さんで見かけて。とにかく発酵!そして文化人類学だ!醤油に味噌にお酒にワイン。発酵とか何かを教えてくれる。くどくどしてるところもあるけど、わかりやすく噛み砕いて説明してくれるし、好意的な文章 たまたま本屋さんで見かけて。とにかく発酵!そして文化人類学だ!醤油に味噌にお酒にワイン。発酵とか何かを教えてくれる。くどくどしてるところもあるけど、わかりやすく噛み砕いて説明してくれるし、好意的な文章なので、楽しく発酵を知ることができました。もうお醤油とか、味噌とか、食べてみたくなるものばかり。もう一生分呑んだと思っている日本酒やワインを呑んでみたくなりました。やはり手前味噌、作ってみようかしら。子供の頃作ったもんな。うん、発酵ばんざい! …続きを読む
    papako
    2021年01月14日
    67人がナイス!しています
  • 発酵デザイナーの著者による、発酵を通して人類の謎を紐解く『発酵文化人類学』の本。麹菌の違い(日本と海外の違いだけでなく味噌屋と酒屋の麹菌の違いまで解説!)や、各地の発酵食品、発酵関連の仕事や人類と発酵 発酵デザイナーの著者による、発酵を通して人類の謎を紐解く『発酵文化人類学』の本。麹菌の違い(日本と海外の違いだけでなく味噌屋と酒屋の麹菌の違いまで解説!)や、各地の発酵食品、発酵関連の仕事や人類と発酵の関係について解説。『ヒトと菌の贈与経済』の章では、ヒトと菌の織り成す壮大なコミュニケーションの環を感じ『自然と人間が渾然一体となって織りなす生命贈与のネットワーク』を知る。ここを読むと自然を制御することは不可能に感じる。共生しか生きる道無し。『発酵とはサイエンスに支えられた文化の作法』の言葉が平和的で好感。 …続きを読む
    Susumu Tokushige
    2020年09月14日
    18人がナイス!しています
  • 文庫版あとがきが面白かった。本書の内容はもちろんだけど、単行本発行後に拡がった活動も興味深い!発酵というローカルな文化に紐付いた人の営みから、現代人の暮らし方、仕事のあり方、社会との繋がり方、考え方に 文庫版あとがきが面白かった。本書の内容はもちろんだけど、単行本発行後に拡がった活動も興味深い!発酵というローカルな文化に紐付いた人の営みから、現代人の暮らし方、仕事のあり方、社会との繋がり方、考え方に至るまで、関係なさそうな話が一本の糸で繋がりやがて太いロープになっていく。参考文献の多さは、発酵文化人類学、というアプローチが光を当てる世界の深さを示している気がする。ブリコラージュとエンジニアリング、熱い社会と冷たい社会、ギフトエコノミー、手前みそ精神。社会の在り方の変革が、確実に起こっている! …続きを読む
    Ryotaro Tsunekawa
    2021年02月18日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品