試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年03月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041092729

愚か者の城

  • 著者 矢野 隆
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年03月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041092729

愛する者の城を滅ぼせ!藤吉郎の下した、命がけの決断!

「迷う暇があるなら走れ。御主は走る以外に能のない男であろうが」
敵地にある墨俣の築城に成功し、織田信長の美濃攻略に大きく貢献した木下藤吉郎。だが彼の心は、晴れやかなものではなかった。信長の妹・於市が、浅井長政に嫁ぐことになり、想いを寄せていたことを妻の於禰に知られてしまったのだ。夫婦仲は険悪になり、藤吉郎は本来の明るさを失っていく。そんななか、越前の朝倉討伐の遠征に出ていた信長に於市からの驚くべき報せが届けられる。長政が信長を裏切り、朝倉義景側についたというのだ。藤吉郎は、信長から於市のいる浅井家討伐を命じられるが──。気鋭の作家が描く、書き下ろし歴史長篇。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「愚か者の城」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 木下藤吉郎から羽柴秀吉と名前が変わるまでの一代記。数々の戦の凄まじさ、特に比叡山延暦寺の僧侶の惨殺には寒気を感じた。信長の鬼人のような恐ろしさを、これでもかというほどの迫力で描いているので、それに従う 木下藤吉郎から羽柴秀吉と名前が変わるまでの一代記。数々の戦の凄まじさ、特に比叡山延暦寺の僧侶の惨殺には寒気を感じた。信長の鬼人のような恐ろしさを、これでもかというほどの迫力で描いているので、それに従う家人の脅え恐れがダイレクトに伝わってくる。藤吉郎も例外でなく、信長を恐れながらも敬う生身の人間としての苦悩、煩悶している姿に少なからず共感した。藤吉郎のイメージは明るく陽気だったが、本作は弱気で陰気な人間性も描かれ、違った一面を見ることができた。 …続きを読む
    シャコタンブルー
    2020年04月22日
    39人がナイス!しています
  • 木下藤吉郎が順調に出世の階段を駆け上るかにみえるが、中間管理職としての悩みが、生まれる。自分が自分でなくなるような迷いなのかもしれない。それが恐れとなり、逃げだしたくなるのだろう。自分を捨てることによ 木下藤吉郎が順調に出世の階段を駆け上るかにみえるが、中間管理職としての悩みが、生まれる。自分が自分でなくなるような迷いなのかもしれない。それが恐れとなり、逃げだしたくなるのだろう。自分を捨てることにより大きく脱皮することになる人生の階段。迷いがあることに人間らしさを感じるが、使われる身から、凄みが少し顔を出し始める羽柴秀吉となるのである。面白く一気読みです。 …続きを読む
    coldsurgeon
    2020年05月18日
    7人がナイス!しています
  • この本に出て来る秀吉は、とても人間らしい。その喜怒哀楽がしっかり描かれていて、読みごたえがあった。 この本に出て来る秀吉は、とても人間らしい。その喜怒哀楽がしっかり描かれていて、読みごたえがあった。
    エレーナ
    2020年05月23日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品