大ぼら吹きの城

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年07月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784041055953

大ぼら吹きの城

  • 著者 矢野 隆
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年07月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784041055953

敵地の真ん中に、城を築け!

出世のために、信長の無理難題を乗り越えろ!

今川義元率いる軍勢が、三河から尾張へと侵攻せんとする頃。小者頭の藤吉郎は、清洲城で見かけた美しい娘に、身分も顧みず求婚していた。浅野又右衛門の養女・於禰に、「儂は天下人になる男じゃ!」と吠えてみたものの、にべもなく振られる始末。今川との戦いに際し、織田信長に同道するが、出世はなかなか見込めない。だが、西美濃侵攻に際し、信長から木曽川の川筋衆の主・蜂須賀小六の調略を命じられる。川筋衆を味方につければ、犬山城攻略は圧倒的有利に運ぶ。千載一遇の機会を得た藤吉郎は、小六の許へ乗り込むが、信長を嫌う小六は一筋縄ではいかなかった──。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「大ぼら吹きの城」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 木下藤吉郎が小者頭から信長に城を与えられまでの物語。百姓だった藤吉郎が身ひとつで上り詰める話は何度も読み聞きして知っているのにやっぱり面白い。おねの愛情、仲間たちの信頼が支えとなり藤吉郎の執念が天に届 木下藤吉郎が小者頭から信長に城を与えられまでの物語。百姓だった藤吉郎が身ひとつで上り詰める話は何度も読み聞きして知っているのにやっぱり面白い。おねの愛情、仲間たちの信頼が支えとなり藤吉郎の執念が天に届いた。「天下人になる」という大ぼらを誰も笑わなくなる。 …続きを読む
    mint-s
    2018年08月26日
    51人がナイス!しています
  • 藤吉郎、後の豊臣秀吉の前半記…と言ってもほぼ初頭。始まりは於禰(おねと読みます。ねねの方が馴染み深いかも)に熱烈にアタックする所から。「儂は天下人になる男じゃっ」が口癖だが、槍働きは全く駄目=大ボラ吹 藤吉郎、後の豊臣秀吉の前半記…と言ってもほぼ初頭。始まりは於禰(おねと読みます。ねねの方が馴染み深いかも)に熱烈にアタックする所から。「儂は天下人になる男じゃっ」が口癖だが、槍働きは全く駄目=大ボラ吹きと回りから言われるが己の信じる才覚でのし上がろうと切磋琢磨。『生まれた時から侍であった者等が下に見ておる儂等全てを舐めるな!』この心意気で敵陣ど真ん中に城を作ると言う策を仲間達と共にやろうとするが、敵は八千。さぁどう建てる?これぞ本当の『墨俣築城記』の始まり〜?中々中身の濃い立志伝でした? …続きを読む
    如水
    2018年08月17日
    36人がナイス!しています
  • ★★★ 豊臣秀吉が墨俣城を造るまでの話。百姓の出だと侮られているのを逆手にとって人足衆をまとめてやり遂げるところが、侍として順調に出世したイメージと違う切り口でおもしろかった。 ★★★ 豊臣秀吉が墨俣城を造るまでの話。百姓の出だと侮られているのを逆手にとって人足衆をまとめてやり遂げるところが、侍として順調に出世したイメージと違う切り口でおもしろかった。
    宇宙猫
    2018年11月01日
    23人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品