公女殿下の家庭教師6 慟哭の剣姫と南方戦役

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年07月17日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784040735849

公女殿下の家庭教師6 慟哭の剣姫と南方戦役

  • 著者 七野りく
  • イラスト cura
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年07月17日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784040735849

あいつが隣にいない世界なんて、私はいらない

アレン、生死不明。凶報を受けた彼の教え子たちは、それぞれ王国を巡る陰謀が動いていることに気づく。リディヤがいる南都でも、侯国との開戦が近づき――。アレンの隣に立つため、リディヤは自ら剣を握る!

メディアミックス情報

NEWS

「公女殿下の家庭教師6 慟哭の剣姫と南方戦役」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • アレン、生死不明。凶報を受けた彼の教え子たちは、それぞれ王国を巡る陰謀が動いていることに気づき、リディヤがいる南都でも侯国との開戦が近づく第六弾。侵攻される東部を救うため自ら身体を張って奮闘するアレン アレン、生死不明。凶報を受けた彼の教え子たちは、それぞれ王国を巡る陰謀が動いていることに気づき、リディヤがいる南都でも侯国との開戦が近づく第六弾。侵攻される東部を救うため自ら身体を張って奮闘するアレンの苦境。時を同じくして王都が陥落して行方不明の王族、北部はハワードの帝国、南部のリンスターは侯国の圧力を受けるという絶体絶命の展開の中で、最後まで諦めないアレンと両公爵家の決断、再びアレンの隣に立つため剣を握ったリディアの覚悟はなかなか壮絶でしたけど、ここからどう活路を見出し希望へと繋げてゆくのか続巻に期待。 …続きを読む
    よっち
    2020年07月18日
    35人がナイス!しています
  • ★★★★ 激動の第二部、オルグレンの叛乱にその機に乗じて仕掛けてきた他国との戦争さえ始まるまさに未曾有の危機。web版を読んでいるため大まかなあらすじは知ってはいるものの、やはり加筆で有名な七野先生の ★★★★ 激動の第二部、オルグレンの叛乱にその機に乗じて仕掛けてきた他国との戦争さえ始まるまさに未曾有の危機。web版を読んでいるため大まかなあらすじは知ってはいるものの、やはり加筆で有名な七野先生の事だけあって細かい所が多々変更されている。最大の変更点はweb版と比べ物にならないくらいハードモードになっているところ。加筆の影響から個々のイベントの描写がより具体的に描かれているため、アレンの扱いなどがより不遇なものになっていたり敵側に思わぬ人物が登場したりと読者のメンタルがごりごり削られる事に。これはw→ …続きを読む
    まっさん
    2021年03月06日
    29人がナイス!しています
  • アレンの生死が不明という前巻の終わりからの続き。自ら体を張って奮闘するアレンの話を聞かされたリンスター家・ハワード家は決断し宣戦布告し大きく事が動き出す。アレンの為に皆が動くの良いわ。勇者アリスが登場 アレンの生死が不明という前巻の終わりからの続き。自ら体を張って奮闘するアレンの話を聞かされたリンスター家・ハワード家は決断し宣戦布告し大きく事が動き出す。アレンの為に皆が動くの良いわ。勇者アリスが登場し色々と助言等を残したがなんか敵として登場しそうな雰囲気やし。アレンが死地に臨むシーンはなんかくるもんがあったし、リディヤの内に秘めた心情の吐露も良かった。けどリディヤがもう完全に危うい状態になっているんだけれども此処からどうなるのか、アレンも生きてはいるがどうなるのか次巻も楽しみやわ。 …続きを読む
    アウル
    2020年07月18日
    29人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品