試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年07月16日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
512
ISBN:
9784041090817

チェス盤の少女

  • 著者 サム・ロイド
  • 訳者 大友 香奈子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年07月16日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
512
ISBN:
9784041090817

チェスの天才少女vs.姿の見えない誘拐犯

チェスの少年少女全英大会に出場するためにやってきたイリサは、とつぜん何者かに拉致される。
真っ暗な地下室で目を覚ましたイリサは、部屋の床をチェス盤に見立て、現状を把握しようとする。
なぜ、自分が誘拐されたのか? 犯人の目的とは?
ときどき訪れる少年イライジャの言動になやまされながらも、イリサは脱出の方法を必死で考える。
いっぽう、イリサを拉致したのが連続少女誘拐犯とわかり、外では必死の捜査が始まっていた。
完璧な構成、魅力的な少年少女のキャラクター。新しい才能の誕生だ。(デイリー・メール紙)

「今年読んだミステリでNo.1!」(原書読者)

「ダークで美しい」(原書読者)

「息が止まるようなどんでん返しに、ぞくぞくする」(PA通信)

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「チェス盤の少女」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 初めて聞く作家ですが、本作がデビュー作で出版された経緯が面白い。ブックフェアで話題となりヨーロッパでオークションになったと、こういう出版の形もあるのだと知り世界各国でも出版が決まっている今後も注目した 初めて聞く作家ですが、本作がデビュー作で出版された経緯が面白い。ブックフェアで話題となりヨーロッパでオークションになったと、こういう出版の形もあるのだと知り世界各国でも出版が決まっている今後も注目したい作家。内容はチェス大会の参加者で才気ある少女が監禁されながらも、チェスで培った頭脳を駆使し状況を打開するというもの。チェス巧者の頭脳戦を期待し、その内容は想像と違ったものの少女と相対した人物の素性を知った時の驚きはありました。またグリム童話を彷彿とさせる森や聖書の引用など目を引くアイデアは中々良かったです。 …続きを読む
    Shun
    2020年09月04日
    27人がナイス!しています
  • ある日突然誘拐されて自分の人生を奪われてしまった天才チェス少女と誘拐犯との葛藤を描いたダークミステリー。 読後感は全然悪くなかった。予想外の展開も多く最後まで中だるみせずに読めた。 チェスが好きなの ある日突然誘拐されて自分の人生を奪われてしまった天才チェス少女と誘拐犯との葛藤を描いたダークミステリー。 読後感は全然悪くなかった。予想外の展開も多く最後まで中だるみせずに読めた。 チェスが好きなのでチェスを題材にした小説は読む事が多いのだが、チェスを扱ったミステリー作品で求めているものとは少し違ったけれど、これはこれでおもしろ作品だと思った。 …続きを読む
    夜長月
    2020年08月14日
    3人がナイス!しています
  • ★★★冷静に読めば色々と粗は見つかるのだが、迫力に押されて一気読みしてしまう。日本にもこういう作風の名作がいくつかあるよなとか、誘拐犯と戦う少女って『クリスマスに少女は還る』だなとか、「お前はジェフリ ★★★冷静に読めば色々と粗は見つかるのだが、迫力に押されて一気読みしてしまう。日本にもこういう作風の名作がいくつかあるよなとか、誘拐犯と戦う少女って『クリスマスに少女は還る』だなとか、「お前はジェフリー▪ディーヴァーか!」とか、もろもろツッコミながらも楽しんでしまった。以下、残念だった点。少女が自分の記憶を分析して事件の背景を探るシーンがカッコいいのに、何も解決に結びつかない。思わせ振りなセリフや怪しげな登場人物が伏線と見せかけて何も回収されない。捜査側の演出がやりたいことはわかるものの過剰で効果が薄い。 …続きを読む
    しゅー
    2020年08月17日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品