オーバーライト――ブリストルのゴースト

オーバーライト――ブリストルのゴースト 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年04月10日
商品形態:
電子書籍

オーバーライト――ブリストルのゴースト

  • 著者 池田 明季哉
  • イラスト みれあ
発売日:
2020年04月10日
商品形態:
電子書籍

グラフィティ。それは俺と彼女の想いすら鮮やかに上書く、儚い絵の魔法――

 イギリスのブリストルに留学中の大学生ヨシは、バイト先の店頭で“落書き”を発見する。それは、グラフィティと呼ばれる書き手(ライター)の意図が込められたアートの一種だった。
 美人だけど常に気怠げ、何故か絵には詳しい先輩のブーディシアと共に落書きの犯人探しに乗り出すが――
「……ブー? ずっと探していたのよ」
「ララか。だから会いたくなかったんだ!」
「えーと、つまりブーさんもライター」
 ブーディシアも、かつて〈ブリストルのゴースト〉と呼ばれるグラフィティの天才ライターだったのである。

 グラフィティを競い合った少女ララや仲間たちと、グラフィティの聖地を脅かす巨大な陰謀に立ち向かう挫折と再生を描いた感動の物語!

 第26回電撃小説大賞《選考委員奨励賞》受賞作。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「オーバーライト――ブリストルのゴースト」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ブリストルに留学中の大学生ヨシがバイト先の店頭で発見したグラフィティ。何故か絵には詳しい先輩ブーディシアとともに落書きの犯人探しに乗り出す物語。犯人探しをする過程で出会ったグラフィティを競い合う少女ラ ブリストルに留学中の大学生ヨシがバイト先の店頭で発見したグラフィティ。何故か絵には詳しい先輩ブーディシアとともに落書きの犯人探しに乗り出す物語。犯人探しをする過程で出会ったグラフィティを競い合う少女ララや仲間たち。グラフィティの聖地を脅かす巨大な陰謀と、かつて「ブリストルのゴースト」と呼ばれたブーディシアが描くのを止めてしまった理由。登場人物たちのグラフィティへの熱く複雑な想いが交錯する展開でしたけど、真相にたどり着く中で明かされる過去と、葛藤を乗り越えて立ち向かうその姿にはぐっと来るものがありました。 …続きを読む
    よっち
    2020年04月10日
    54人がナイス!しています
  • ★★★★★ 電撃小説大賞選考委員奨励賞受賞作品。正直受賞作品という肩書きに惹かれて購入したものだったので、まさかここまで自分に合うとは思っていなかった。ファンタジー要素も魔法もラブコメもない。ただただ ★★★★★ 電撃小説大賞選考委員奨励賞受賞作品。正直受賞作品という肩書きに惹かれて購入したものだったので、まさかここまで自分に合うとは思っていなかった。ファンタジー要素も魔法もラブコメもない。ただただ、一人の少年と一人の少女を軸に繰り広げられる熱い物語を楽しむことが出来る。彼らは共に自らの歩みたい道を外れ、再び向き合おうともがき、苦しむ。人知れずオーバーライトすることで伝説の人となっていた少女・ブーディシアはとある事情からグラフィティを辞め、怠惰な日々を過ごしていた。そんな彼女がある日出会った日本からの→ …続きを読む
    まっさん
    2020年04月19日
    41人がナイス!しています
  • 爽快な文章にグラフィティという日本ではあまり浸透していない文化を見事に描き切った意欲作。ロックな感じをうまく表現し、芸術をここまで見事な肉付けで描き切る文章力。素晴らしい。キャラがうまくストーリーにマ 爽快な文章にグラフィティという日本ではあまり浸透していない文化を見事に描き切った意欲作。ロックな感じをうまく表現し、芸術をここまで見事な肉付けで描き切る文章力。素晴らしい。キャラがうまくストーリーにマッチしており、冒頭のアートから始まり、最後までの話運びが好印象。キャラの心情の動き、行動、挫折、動機。全てがこの作品の完成度の高さを物語る。ラノベとは思えないほどの海外的な雰囲気を纏ったアート小説。まだ読了後の余韻が残るかのよう。イラストもこの作品の雰囲気にマッチしており、完成度が高い。是非続編を。 …続きを読む
    レリナ
    2020年04月23日
    34人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品