「東国の雄」上杉景勝 謙信の後継者、屈すれども滅びず

「東国の雄」上杉景勝 謙信の後継者、屈すれども滅びず 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年07月09日
商品形態:
電子書籍

「東国の雄」上杉景勝 謙信の後継者、屈すれども滅びず

  • 著者 今福 匡
発売日:
2021年07月09日
商品形態:
電子書籍

無口? 直江兼続に任せきり?  気鋭の上杉氏研究者による決定的評伝!

軍神・上杉謙信の甥にして後継者の上杉景勝。義兄と争った「御館の乱」、絶体絶命の危機に陥った織田信長の攻勢、「北の関ヶ原」と敗戦による危機……。かつて東国で覇を競った武田、北条が滅びるなか、上杉だけは生き残りを果たす。戦国大名最後の世代として、戦国、織豊、江戸と時代の転換期を生き抜いた、その六十九年の生涯を描く決定的評伝。

【目次】

はじめに

序章 上杉景勝の実家、上田長尾一族

第一章 戦国大名・景勝
一、生い立ち
二、謙信と喜平次
三、御館の乱
四、信長との対決
五、「六十余州越後一国を以て相支え」

第二章 豊臣大名・景勝
一、秀吉と景勝
二、東国仕置
三、権中納言景勝

第三章 会津国替えと関ヶ原合戦
一、豊臣家大老景勝
二、会津征討
三、幻の関東討入り計画

第四章 米沢領三十万石
一、米沢中納言景勝
二、米沢城下と藩制の整備
三、景勝のよこがお

第五章 米沢藩祖・景勝
一、景勝の嗜好と周辺
二、大坂の陣
三、元和偃武と移りゆく世界
四、景勝最後の軍役「最上御勢遣」
五、景勝の遺命

終章 その後の上杉家

おわりに
主要参考文献

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「「東国の雄」上杉景勝 謙信の後継者、屈すれども滅びず」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 上杉景勝公というと寡黙でシャイで冷酷で笑わない謙信公の後継者というイメージしかなかった。でもこの本を読んで生身の、ある意味で血の通った『人間』上杉景勝公に触れた気がする。血の通った、ある意味で激情的な 上杉景勝公というと寡黙でシャイで冷酷で笑わない謙信公の後継者というイメージしかなかった。でもこの本を読んで生身の、ある意味で血の通った『人間』上杉景勝公に触れた気がする。血の通った、ある意味で激情的なエピソードもある謙信公の背負った上杉家の宿命を背負った漢の生涯。何度でも読みたい本です。 …続きを読む
    オルレアンの聖たぬき
    2021年07月17日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品