「東国の雄」上杉景勝 謙信の後継者、屈すれども滅びず

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年07月09日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
352
ISBN:
9784040823522

「東国の雄」上杉景勝 謙信の後継者、屈すれども滅びず

  • 著者 今福 匡
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年07月09日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
352
ISBN:
9784040823522

無口? 直江兼続に任せきり?  気鋭の上杉氏研究者による決定的評伝!

軍神・上杉謙信の甥にして後継者の上杉景勝。義兄と争った「御館の乱」、絶体絶命の危機に陥った織田信長の攻勢、「北の関ヶ原」と敗戦による危機……。かつて東国で覇を競った武田、北条が滅びるなか、上杉だけは生き残りを果たす。戦国大名最後の世代として、戦国、織豊、江戸と時代の転換期を生き抜いた、その六十九年の生涯を描く決定的評伝。

【目次】

はじめに

序章 上杉景勝の実家、上田長尾一族 

第一章 戦国大名・景勝
一、生い立ち 
二、謙信と喜平次 
三、御館の乱 
四、信長との対決 
五、「六十余州越後一国を以て相支え」 

第二章 豊臣大名・景勝
一、秀吉と景勝 
二、東国仕置 
三、権中納言景勝 

第三章 会津国替えと関ヶ原合戦
一、豊臣家大老景勝 
二、会津征討 
三、幻の関東討入り計画 

第四章 米沢領三十万石
一、米沢中納言景勝 
二、米沢城下と藩制の整備 
三、景勝のよこがお 

第五章 米沢藩祖・景勝
一、景勝の嗜好と周辺 
二、大坂の陣 
三、元和偃武と移りゆく世界 
四、景勝最後の軍役「最上御勢遣」 
五、景勝の遺命 

終章 その後の上杉家 

おわりに 
主要参考文献

もくじ

はじめに

序章 上杉景勝の実家、上田長尾一族 

第一章 戦国大名・景勝
一、生い立ち 
二、謙信と喜平次 
三、御館の乱 
四、信長との対決 
五、「六十余州越後一国を以て相支え」 

第二章 豊臣大名・景勝
一、秀吉と景勝 
二、東国仕置 
三、権中納言景勝 

第三章 会津国替えと関ヶ原合戦
一、豊臣家大老景勝 
二、会津征討 
三、幻の関東討入り計画 

第四章 米沢領三十万石
一、米沢中納言景勝 
二、米沢城下と藩制の整備 
三、景勝のよこがお 

第五章 米沢藩祖・景勝
一、景勝の嗜好と周辺 
二、大坂の陣 
三、元和偃武と移りゆく世界 
四、景勝最後の軍役「最上御勢遣」 
五、景勝の遺命 

終章 その後の上杉家 

おわりに 
主要参考文献

メディアミックス情報

NEWS

「「東国の雄」上杉景勝 謙信の後継者、屈すれども滅びず」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 上杉景勝といえば、「花の慶次」のイメージしかなかったが、謙信公同様後世のイメージに強く影響されていた姿から、人間景勝を見ることが出来た気がする。上杉家を背負った男の生き様は面白い。 上杉景勝といえば、「花の慶次」のイメージしかなかったが、謙信公同様後世のイメージに強く影響されていた姿から、人間景勝を見ることが出来た気がする。上杉家を背負った男の生き様は面白い。
    サケ太
    2021年08月31日
    15人がナイス!しています
  • 先代上杉謙信の華麗なる戦歴と変転極まる生涯に比して、地味感のある景勝。しかし、こうして振り返ってみれば、戦国大名から豊臣大名、近世大名というと変化を余儀なくされた中で生き残った事績は決して伊達ではあり 先代上杉謙信の華麗なる戦歴と変転極まる生涯に比して、地味感のある景勝。しかし、こうして振り返ってみれば、戦国大名から豊臣大名、近世大名というと変化を余儀なくされた中で生き残った事績は決して伊達ではありません。たとえそれが”悉皆人”直江兼続や、他家垂涎の歴戦の家臣たちを抱えていたとしても。→ …続きを読む
    フランソワーズ
    2021年09月18日
    4人がナイス!しています
  • 景勝の一生を追う本はなかなかないので貴重だった。頑固で厳しいイメージはそのままに、わりと細かいところまで指図したがる人というイメージもついた。また、豊臣政権以降の大名となると他大名との交流や文化的事績 景勝の一生を追う本はなかなかないので貴重だった。頑固で厳しいイメージはそのままに、わりと細かいところまで指図したがる人というイメージもついた。また、豊臣政権以降の大名となると他大名との交流や文化的事績について多く残っているのが常だが、景勝にはあまりないらしい。通説のイメージで「やっぱりな」と思ってしまうが、国替えに伴う在国の多さ、関ヶ原以降の敗者という立場を考えると自重していた部分もあったのかなと感じた。 …続きを読む
    wuhujiang
    2021年09月02日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品