消えたママ友

第25回手塚治虫文化賞短編賞受賞! このマンガがすごい!20221 オンナ版 17位

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年06月25日
判型:
A5判
商品形態:
コミック
ページ数:
176
ISBN:
9784040643175

第25回手塚治虫文化賞短編賞受賞! このマンガがすごい!20221 オンナ版 17位

消えたママ友

  • 著者 野原 広子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年06月25日
判型:
A5判
商品形態:
コミック
ページ数:
176
ISBN:
9784040643175

業界震撼! 話題騒然のミステリーコミックエッセイ

彼女たちの悩み苦しみ、不安や怒りや閉塞感は、「コミックだから」というチェイサー抜きで、読む者の心にしみ込んでくる。
素朴で可愛いらしいキャラクターたちが見せてくれる迷走の心模様は、「あるある」と理解できるからこそ痛烈で痛切なのだ。
―宮部みゆき(小説家)

シンプルな線とかわいい絵の4コマが毛細管現象のように心の深い所まで入りこんでいく。
ママたちの心の暗部をのぞきながら、いつの間にか読んでいるあなた自身の深層にも触れることになるのだ。
野原さんの漫画はおそろしい。
―江口寿史(漫画家/イラストレーター)

登場人物それぞれの抱える問題を、現在と過去の時間軸で真相を暴いてゆく。その展開が絶妙で、漫画なのにまるでお芝居を見ているような感覚になりました。
―手塚るみ子(プランニングプロデューサー)


優しい旦那さんとお姑さん、かわいいツバサ君に囲まれてキラキラ幸せそうだった有紀ちゃん。そんな有紀ちゃんがある日突然姿を消した。
保育園のママたちの間ではその話題で持ち切り。噂では有紀ちゃんは男を作って逃げたということらしい。

有紀ちゃんとは仲良しだったはずなのに、何も知らなかった春香、ヨリコ、友子。
しかし、みんなそれぞれに思い当たることがあった・・・。

平凡な日常を襲った事件を巡って、ママたちがじわじわと自分たちの闇に気づいていく。

これは、あなたの日常にも起こるかもしれない物語。

【もくじ】
1章 消えたママ友
2章 有紀ちゃんを探せ
3章 本当のことなんて話したりしない
4章 ママ友がいない
5章 つないだ手
6章 本当の有紀ちゃん
7章 あの日

もくじ

1章 消えたママ友
2章 有紀ちゃんを探せ
3章 本当のことなんて話したりしない
4章 ママ友がいない
5章 つないだ手
6章 本当の有紀ちゃん
7章 あの日

 


メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

コミックエッセイ劇場ではマンガ動画も公開中!

「消えたママ友」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 新刊。話題になっていたので気になって。うーん、独特なモヤモヤを残す読後感。登場するママさん4人、各々それぞれに子どもを大切に思ってはいるのだろうけどちょっとずつなかなかにアレな部分が。ママ友が必要かど 新刊。話題になっていたので気になって。うーん、独特なモヤモヤを残す読後感。登場するママさん4人、各々それぞれに子どもを大切に思ってはいるのだろうけどちょっとずつなかなかにアレな部分が。ママ友が必要かどうかとかの議論の前に、人としてどうなの…と思わされる点が見えて何度も首を捻った。ラストも救いなし。ただただツバサ君が壊れていくだけの未来しか見えない。有紀ちゃんも、本当にツバサ君を愛していたと思えない対応に感じる。泣 あとがき「ほんとはみんな有紀ちゃんになりたいのでは?」…全く思わなかったです…家族が大切。 …続きを読む
    あっか
    2020年08月25日
    81人がナイス!しています
  • 表題と帯で衝動買い。ママ達の孤独な子育ての今を活写。ママ友の一人である有紀ちゃんの失踪を機に、徐々に関係が悪化するママ友グループ。何の不自由もなく、幸せな家庭と思われていた有紀ちゃんの真実が徐々に明ら 表題と帯で衝動買い。ママ達の孤独な子育ての今を活写。ママ友の一人である有紀ちゃんの失踪を機に、徐々に関係が悪化するママ友グループ。何の不自由もなく、幸せな家庭と思われていた有紀ちゃんの真実が徐々に明らかとなるにつれ、それぞれの心の闇が浮き彫りになっていきます。不穏なラストは何かの暗示でしょうか?私の幼少期は、幼稚園や学校に送り出したら放任で、親同士が情報交換している様子はなく、あの頃の方が平和だったのではないでしょうか。少子化、過保護、先生の信用低下、高学歴の親たち等々の環境変化が大きいのでしょうね。 …続きを読む
    キック
    2021年05月16日
    68人がナイス!しています
  • コミックエッセイとしてはとても面白くさらっと一気読みだった。でも、なんてぐさぐさくる不穏な作品なんだろうか。でもあり得る。そして、人の悪口うわさ話、目がキラキラしてる、なんて楽しそうに話すんだろう“人 コミックエッセイとしてはとても面白くさらっと一気読みだった。でも、なんてぐさぐさくる不穏な作品なんだろうか。でもあり得る。そして、人の悪口うわさ話、目がキラキラしてる、なんて楽しそうに話すんだろう“人の不幸は蜜の味”なんだなと。いきなり消えるなんて親として、彼女の心は救われたのかもしれないけれど、でも自分勝手だなと。所詮はママ友。分かり合えるつもりでいても、人それぞれの生活と人生があるということよね。それぞれ大変だし。 …続きを読む
    2021年02月27日
    30人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品