女子高生同士がまた恋に落ちるかもしれない話。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年07月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
280
ISBN:
9784049129540

女子高生同士がまた恋に落ちるかもしれない話。

  • 著者 杜奏 みなや
  • イラスト 小奈 きなこ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年07月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
280
ISBN:
9784049129540

初恋の相手《女の子》に再会した――女の子同士の初恋やり直し物語。

 八年前。ひとりぼっちで泣くわたしを助けてくれた、満月みたいな丸い瞳の、背が高くてかっこいい女の子。わたしの特別な、初恋の相手――。
 わたしは、小学生のとき一緒に星を見たあの女の子が今もまだ忘れられない。もう二度と会えない、ただの思い出……だけどある日寮を移った先の部屋で待ち受けていた女の子・佑月こそ、まさに初恋の彼女で――!?
 昔とは違って、小動物みたいで背も小さくて、すこし変わり者の佑月。好きだったのは昔のこと。このドキドキは、恋じゃない……はず。
 普通な女子高生がある日物語の主人公になる、初恋やり直しストーリー。

登場人物

桐谷陽南

至って「普通」な女子高生。
八年前の出来事がきかっけで星を好きになり、星を楽しむ部《星楽部》をたちあげた。
誰とでも仲良くなれる性格だが、佑月相手にはどこか上手くいかない。

御子柴佑月

とある事情で陽南と寮が同室になった少女。
友達がいない“ぼっち”で、一人で星に関する本ばかり読んでいる生粋の星オタク。
八年前は身長が高いほうだったが、成長期は来なかった模様。

永井愛梨咲

《星楽部》のメンバーで、飛和の幼馴染み。
しっかり者で真面目な優等生気質な少女。
面倒見が良く、いつもみんな(特に飛和)の世話をやいている。

仁熊飛和

《星楽部》のメンバー。
マイペースでアンニュイながら、空気の読める鋭い性格。
愛梨咲と寮で同室になってから、より一層身の回りの世話を任せっきりの模様。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「女子高生同士がまた恋に落ちるかもしれない話。」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 幼い頃出会ってお互いに恋をした二人が高校で再会しまた恋に落ちる。そんな二人を中心に、可愛い女の子たちがわちゃわちゃ過ごす様子が描かれます。主人公の陽南の視点でストーリーが進行しますが、朴訥な感じの語り 幼い頃出会ってお互いに恋をした二人が高校で再会しまた恋に落ちる。そんな二人を中心に、可愛い女の子たちがわちゃわちゃ過ごす様子が描かれます。主人公の陽南の視点でストーリーが進行しますが、朴訥な感じの語り口がツボにはまってしまった。恋の相手の佑月は暴走気味で、感情が「髪の動き」で表現されるというのが可愛らしい。初めての出会いではまだ幼く気付かなかったけど、再会して、あのときの気持ちが恋だったと知り、少しずつ心を通わせて行く二人の様子に、ほっこり心が温かくなりました。続きも楽しみにしています。 …続きを読む
    芳樹
    2020年08月21日
    18人がナイス!しています
  • すごく良かった。最近はラノベ界にも百合の波動が来ている感じがあるので、このタイミングはちょうど良かったのでは。思考停止であんまり好きじゃないんだけど、尊いという言葉が真っ先に浮かんだ。成否はさておき、 すごく良かった。最近はラノベ界にも百合の波動が来ている感じがあるので、このタイミングはちょうど良かったのでは。思考停止であんまり好きじゃないんだけど、尊いという言葉が真っ先に浮かんだ。成否はさておき、行動を起こしさえすれば誰だって主人公になる資格はもらえる。好きな人のために自分を変えようと頑張る女の子は魅力的だ。ラストの流れは本当に主人公感抜群だった。カッコ良かったぞ。とりあえず二巻は出そうなので陽南・祐月コンビの掘り下げと並行して、ケンカップルを越えてる感じがある飛和・愛梨咲コンビも何かあると嬉しいな。 …続きを読む
    リク
    2020年07月12日
    13人がナイス!しています
  • タイトル買いの一冊。いや別に百合を期待したわけじゃないよ^^幼い頃に一緒に流星を見た女の子同士が高校で再会して再び星を見るお話。いやあ佑月がとにかくかわいい。一途で一生懸命で喜怒哀楽がはっきりしててと タイトル買いの一冊。いや別に百合を期待したわけじゃないよ^^幼い頃に一緒に流星を見た女の子同士が高校で再会して再び星を見るお話。いやあ佑月がとにかくかわいい。一途で一生懸命で喜怒哀楽がはっきりしててとてもいい。これは惚れる。ただ物語的にはちょっとそこまで惹きこまれなかったかな。多分主人公陽南の佑月に対するリアクションがもう一つだったからだろう。いや一般的な期待される反応はしていると思う。でもね、それがこちらにまで響いてこないのだ。主人公視点の独白が妙に平板に感じてしまった。なんでだろうなあ?ちょっと残念 …続きを読む
    Mu@芒羊會
    2020年08月18日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品