メディアワークス文庫

廻る素敵な隣人。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
274
ISBN:
9784048926812
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

メディアワークス文庫

廻る素敵な隣人。

  • 著者 杜奏 みなや
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
274
ISBN:
9784048926812

心が疲れた社会人に贈る、読めばスカっとする日常エール系物語!

「ありがとうね、ヒーローくん」幼い頃に助けた女の子が忘れられずヒーローに憧れる、わかりやすい男・金森将輔。でも、大人になった彼の現実は回転寿司店「まんぷく」で働くダメな副店長だった。横暴な店長にビビり、毎日毎日仕事漬けの社畜サラリーマン。
 ある日、そんな彼が部下のミスで謝罪に向かった先はアパートのお隣さん!?「ほんまにありがとうね、金森さん」――気さくで優しい京美人の素敵な隣人と知り合った将輔は「また誰かのヒーローになれるかもしれない」とダメな自分を変えようとするが……。
 わかりやすくて不器用な男の純情すぎる逆転劇が始まる。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「廻る素敵な隣人。」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ラストシーンが最初から予想できてしまうので、逆に安心して読める。自らを「社畜」と呼び仕事の人間関係に苦しむ主人公の職業設定がなかったら、この作品は薄っぺらいものになっていただろう。とても現代的な小説で ラストシーンが最初から予想できてしまうので、逆に安心して読める。自らを「社畜」と呼び仕事の人間関係に苦しむ主人公の職業設定がなかったら、この作品は薄っぺらいものになっていただろう。とても現代的な小説である。 …続きを読む
    佐島楓@勉強中
    2017年01月26日
    66人がナイス!しています
  • 幼き頃、迷子の女の子を救い、その子からヒーローと呼ばれた事が忘れられない金森。しかし、今、彼は回転寿司屋で、女店長の罵倒に怖がり、社畜として働く頼りない副店長だ。そんな時、同じ様な境遇の美人なお隣さん 幼き頃、迷子の女の子を救い、その子からヒーローと呼ばれた事が忘れられない金森。しかし、今、彼は回転寿司屋で、女店長の罵倒に怖がり、社畜として働く頼りない副店長だ。そんな時、同じ様な境遇の美人なお隣さんと知り合いになって…、と言うお話。メディアワークス文庫ならではのライトな作品。金森の社畜っぷりの描写が長く、少し辟易としたが、最後は作者の狙い通り、温かい気持ちで終われた。しかしながら、仕事って大変なんだなぁと、改めて感じた一冊だった。 …続きを読む
    のんちゃん
    2018年05月30日
    22人がナイス!しています
  • 言うまでもなく、思った通りの展開で、思った通りのラストでしたよ。いやね、もうちょっと捻って欲しかったと思いながらもこれはこれでわかりやすくて良かったかなとも思います。 全体を通してザ・一人称!な作風で 言うまでもなく、思った通りの展開で、思った通りのラストでしたよ。いやね、もうちょっと捻って欲しかったと思いながらもこれはこれでわかりやすくて良かったかなとも思います。 全体を通してザ・一人称!な作風でライトノベルでもここまでの主張は珍しいんじゃないですか?しかもババァはラ〇ュタのママに似てたしw 絵に描いたような展開で、ラストなんてニヤニヤが止まらなかったりでもう散々でしたwヒーローってのもなんか抜けてて笑いました(いい意味で)そんでもってサネカズラでしたっけ?やってくれますよwいやあ参った! …続きを読む
    柊雪凪
    2017年04月05日
    17人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品