宗教の現在地 資本主義、暴力、生命、国家

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年04月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
272
ISBN:
9784040823454

宗教の現在地 資本主義、暴力、生命、国家

  • 著者 池上 彰
  • 著者 佐藤 優
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年04月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
272
ISBN:
9784040823454

動乱の源に宗教あり。最強コンビが世界の肝となる宗教を全方位から分析する

動乱の源に宗教あり。最強コンビが世界の肝となる宗教を全方位から分析する!
いま、そこに危機はある。本当に怖いものは習俗の皮を被ってやってくるのだ。

各国で起きるテロや、EUやアメリカで生じる排外主義・外国人嫌悪(ゼノフォビア)、めまぐるしく変転する中東情勢など。
世界各地で民族・宗教といった、冷戦後には“古い”とされた問題が噴出し続けている。
私たちの現実社会に影響を与えている「宗教思想」といかに向き合うかは、避けては通れない時代になったのだ。
習俗の皮を被ってやってくるものにこそ、目を凝らさなくてはいけない。原理主義が現代日本で広まることは十二分に考えられる情勢だ。
世界に大きな影響を与え続ける宗教を、資本主義、暴力、生命、国家から語りつくす!

私たちがいま、どこにいるかを知るのが教養である。
宗教の現在地を抑え、いまどこに私たちは立っているかをつかむ濃厚対談!

※本書は『宗教と資本主義・国家』『宗教と暴力』『宗教と生命』(いずれもKADOKAWA)各巻の「第一部」に、新章と書きおろし原稿を加え、再構成したものです。

【目次】

まえがき(池上彰)

序 論
 いま宗教とは(池上彰)/人間の思考と魂の根底に迫る(佐藤優)
第一章 宗教は資本主義を超えられるか
第二章 宗教は人を殺す思想とどう対峙するか
第三章 宗教はAI社会で誰の心を救うのか
第四章 宗教は国家を超克するのか

あとがき(佐藤優)

もくじ

まえがき(池上彰)

序 論
いま宗教とは(池上彰)/人間の思考と魂の根底に迫る(佐藤優)

第一章 宗教は資本主義を超えられるか
自殺志願者対策がテロ対策になる/出口のない憤りを回収する「過激派」/出世教、学歴教……、周囲は「宗教的なもの」ばかり/靖国問題。国家が追悼施設をつくるべきではない/沖縄における魂観/独身であることと権力/宗教は動物観とも関わっている/「本来の宗教」は存在するのか/資本主義的な論理を超えて/オウム事件が他人事ではない理由/宗教者とは、貧しき者、虐げられた者たちとある者だ etc.

第二章 宗教は人を殺す思想とどう対峙するか
暴力は定義できるか/そもそも宗教には暴力性が潜む/エキュメニカルvs.ファンダメンタル/テロリズムを止める論理はあるか/意識しない「ナショナリズム教」/多数が殺されないと内発的な和解は生じないのか/ロシアの宗教教育から学べること/「宗教的なもの」への耐性を身につける/仏教における「内側への暴力」とは/人びとへの感化を生む死/対話の力ーー「人間の隣には人間がいる」/縁起ということ etc.

第三章 宗教はAI社会で誰の心を救うのか
「シンギュラリティ」は人によって基準が違う/「順応の気構え」と「信頼」/AIに人が救われることはあるか/AIに代替される職業、されない職業/「矛盾」と「対立」と「差異」に違いがある/占いと科学の近似性/「心」は文化的な文脈と関係する/永遠に生きるというのはソンビの思想/愚行権を尊重しないとイノベーションも生まれない/リベラルアーツは重要である etc.

第四章 宗教は国家を超克するのか
『ホモ・デウス』はソビエト・システムの焼き直し/人が神になる、というベクトルが現れた/トランプ再選の可能性はかなりある/行き詰ったアイデンティティの政治/勢いを増すヴィーガニズム/反人間主義の登場/豆農家とサプリメント業界が儲かる/AfDとオーストリア自由党の越えられない一線/交響曲「歓喜の歌」から「運命」へ/カトリックが核廃絶に肯定的なのにはワケがある/バチカンと日本の外交関係/インドでは聖母マリアはバラモンになった/南米は宗教のスペクトルの幅が広い/プロテスタンティズムは世俗化しやすい/世俗化された宗教は神道のようなもの/宗教を聖域として残すのはかなり無理/せめぎ合う複数の普遍主義と個別主義/イスラエル建国は最強の形で目標を達成したテロ/イスラエルが福音派を好まない理由/バグダディが殺されてISがなくなるわけではない/底が抜けると文化と習俗の皮をかぶった宗教が勢いづく

あとがき(佐藤優)

メディアミックス情報

NEWS

「宗教の現在地 資本主義、暴力、生命、国家」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • お馴染みの二人による宗教をテーマとした対談本。やはりクリスチャンで神学科出身の佐藤氏が全体的にリードする内容が多い。日本国内はともかく世界各国の宗教事情等はあまり目に触れる事が無いので興味深い。特に欧 お馴染みの二人による宗教をテーマとした対談本。やはりクリスチャンで神学科出身の佐藤氏が全体的にリードする内容が多い。日本国内はともかく世界各国の宗教事情等はあまり目に触れる事が無いので興味深い。特に欧州での宗教離れ等は初耳だった。現政権は自公連立なので神道の国教化は無いものの、大嘗祭といった行事に熱狂する現代日本に警鐘を鳴らしている。読みやすい対談本なので宗教に詳しくない人にもオススメ。 …続きを読む
    岡本
    2020年05月16日
    119人がナイス!しています
  • いつも勉強させて頂くお二方の最新刊。宗教につき語る。知らぬこと多く、大いに知的好奇心を満たされ刺激されたのはいつものとおり。宗教というものの持つ、適応性や死との関わり。政治のとの関わり。これらから、マ いつも勉強させて頂くお二方の最新刊。宗教につき語る。知らぬこと多く、大いに知的好奇心を満たされ刺激されたのはいつものとおり。宗教というものの持つ、適応性や死との関わり。政治のとの関わり。これらから、マルクスは宗教はアヘンである、とした。では、お二方が宗教のデパートであるとされる我が国はどうか?宗教が持つ多面性の一つとして、世俗化がある。つまり、気づかないうちに「宗教」に囚われている危険性があるということである。その現象の萌芽を捉え、警鐘を鳴らすのである。 …続きを読む
    あすなろ
    2020年05月24日
    65人がナイス!しています
  • ヴィーガニズム(完全菜食主義者)についての記述が勉強になった。ヴィーガンが先鋭化した反捕鯨運動同様、暴力性をはらんでいることは知らなかった。 ヴィーガニズム(完全菜食主義者)についての記述が勉強になった。ヴィーガンが先鋭化した反捕鯨運動同様、暴力性をはらんでいることは知らなかった。
    mintia
    2020年07月13日
    18人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品