チェイサーゲーム (1)

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年09月13日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
216
ISBN:
9784047334267

チェイサーゲーム (1)

  • 原作 松山 洋
  • 漫画 松島 幸太朗
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年09月13日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
216
ISBN:
9784047334267

仕事ってやつを“ガチで共感”できる漫画!!

 ファミ通.comで連載が始まるや否や “読むと(リアルすぎて)胃がキリキリする“と言われ、クリエイティブ業界を中心に波紋を呼んだ問題作!
読み進めていくと、「あれ…この漫画、仕事中の自分のこと描いている……」とさえ感じてしまう共感エピソードが満載。

<あらすじ>
「おっ俺がシニアに昇進!?」

 ゲーム開発会社サイバーコネクトツーの3Dアニメクリエイター。新堂龍也30歳。入社9年目にして、中間管理職のプレイングマネージャーに昇進を果たす。しかし、龍也を待ち受けていたのは、仕事報告を嘘つく年上の部下。上田や、やる気はあるが仕事の遅い新人社員。久井田、合理的に仕事を進めることしか考えない魚川といった、ひと癖もふた癖もあるメンバーばかり。試練続きの毎日ではあるが、ユーザーの笑顔のため日々ゲームを作り続ける!!

―「それでも俺は――ゲームの力を信じたい
だって俺は―― ゲームクリエイターだから」

その他、単行本だけの描き下ろしエピソードとして、龍也のことをきびしく指導しつつも暖かく見守ってくれている上司。穴井の若いころを描いた漫画や、原作者によるコラムなども収録。


メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

漫画『チェイサーゲーム』PV

この著者の商品

最近チェックした商品