試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年12月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
208
ISBN:
9784041088296

  • 著者 北野 武
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年12月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
208
ISBN:
9784041088296

信長を殺れ! 天下を奪え! 誰も読んだことのない「本能寺」がここに。

羽柴秀吉と千利休に雇われ、謀反人と逃げ延びた敵を探す旅をしていた曾呂利新左衛門は、信長に反旗を翻し、有岡城から逃走する荒木村重を偶然捕らえた。この首の価値はいかに。曾呂利は、信長が狙う荒木村重の身柄を千利休に託すのだった。一方、丹波篠山の農民・茂助は、播磨へ向かう秀吉の軍勢を目撃し、戦で功を立てようと、雑兵に紛れ込むのだった。だが、思わぬ敵の襲撃が茂助の運命を狂わせていく──。信長、秀吉、光秀、家康を巻き込み、首を巡る戦国の饗宴が始まる。書き下ろし歴史長編。


メディアミックス情報

NEWS

「首」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 図書館本。★★★☆☆ 北野武による北野武の為の戦国語り。『いだてん』の志ん生よろしく聚楽第で秀吉に語り出す。今度は志ん生ではなく曽呂利新左衛門で。血なまぐさいのにどこか間抜けた所もある戦国武将達の企み 図書館本。★★★☆☆ 北野武による北野武の為の戦国語り。『いだてん』の志ん生よろしく聚楽第で秀吉に語り出す。今度は志ん生ではなく曽呂利新左衛門で。血なまぐさいのにどこか間抜けた所もある戦国武将達の企み。ラストの『首』実験の描き方に北野氏の映画の雰囲気が出ているなと。 …続きを読む
    ゆりあす62
    2020年01月17日
    99人がナイス!しています
  • 武さんの本は「フランス座」を読んで以来。その本は自伝的内容で面白かったが・・。本書は今年ブレイクしている明智光秀も描かれ興味津々だったが、誰一人感情移入できる人物がいなかった。一体誰が主役!?と思いな 武さんの本は「フランス座」を読んで以来。その本は自伝的内容で面白かったが・・。本書は今年ブレイクしている明智光秀も描かれ興味津々だったが、誰一人感情移入できる人物がいなかった。一体誰が主役!?と思いながら読み進めたが、登場人物が多すぎる上、どの人物も狸ばかりの描写で人間としての魅力が伝わって来なかったのが残念。作者の持っているピュアな言葉が伝わって来なかった気がする。週刊誌のコラム等では切れ味抜群切り口だから、余計にその失速感が目立つ。映画とエッセイで頑張って欲しい。 …続きを読む
    シャコタンブルー
    2020年02月26日
    34人がナイス!しています
  • 北野武さんの初めての歴史小説。秀吉に仕えた曽呂利新左衛門の視点で、村重の謀反から本能寺の変までが描かれてます。光秀を唆した黒幕は誰なのか。歴史のロマンですが200ページではちょっと無理があるなあ。 北野武さんの初めての歴史小説。秀吉に仕えた曽呂利新左衛門の視点で、村重の謀反から本能寺の変までが描かれてます。光秀を唆した黒幕は誰なのか。歴史のロマンですが200ページではちょっと無理があるなあ。
    keith
    2020年02月25日
    19人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品