試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年11月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041088074

一華後宮料理帖 第十品

  • 著者 三川 みり
  • イラスト 凪 かすみ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年11月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041088074

時が来た。クライマックス直前! 今、全てが動き出す!!

「陛下、退位をご決断ください」ついに蜂起し、皇帝・ショウ飛へ迫る朱西。戦か、退位か――与えられた猶予は十日。禁軍すら敵に回る状況で、それでもショウ飛は国を守るため戦う道を選ぶ。一方理美は、初秋の庭で聞いた「決した」という珠ちゃんの言葉の意味を考えていた。そんな中、ショウ飛が突如、原因不明の体調不良を訴える。毒が疑われ、理美は伯礼が何度か黒い小瓶を手にしていたことを思い出し……!? 全てを揺るがす第10弾!!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「一華後宮料理帖 第十品」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ついに蜂起し皇帝・祥飛へ退位を迫る朱西。戦か退位か与えられた猶予は十日。禁軍すら敵に回る状況で祥飛が決断を迫られる第十弾。悩みながらも民を思い国のために戦う道を選ぶ祥飛。一方初秋の庭で聞いた珠ちゃんの ついに蜂起し皇帝・祥飛へ退位を迫る朱西。戦か退位か与えられた猶予は十日。禁軍すら敵に回る状況で祥飛が決断を迫られる第十弾。悩みながらも民を思い国のために戦う道を選ぶ祥飛。一方初秋の庭で聞いた珠ちゃんの言葉の意味を考える理美。できる手を打ってゆく祥飛もいろいろ考えているんだなとは思いましたけど、着々と追い詰めてゆく朱西の本意は見えないままでしたね…。五龍の真意はどこにあるのか、どちらが勝つのか、理美はどうなるのか、そして最終決戦の先にどんな結末が待っているのか、次巻が最終巻のようですので楽しみにしています。 …続きを読む
    よっち
    2020年01月07日
    32人がナイス!しています
  • 第十品。八品で、珠ちゃんの『決した』の謎は解かれず、戦いは始まる。伯礼の機転で内通者を見つけ、丈鉄も活躍。理美は居場所を探していたが、次に見つかるだろうか。やはり朱西の自称「俺」は、品がない。次巻で決 第十品。八品で、珠ちゃんの『決した』の謎は解かれず、戦いは始まる。伯礼の機転で内通者を見つけ、丈鉄も活躍。理美は居場所を探していたが、次に見つかるだろうか。やはり朱西の自称「俺」は、品がない。次巻で決着か。 …続きを読む
    Yuu I
    2020年01月16日
    21人がナイス!しています
  • 四夫人カラーの表紙が美しい。改めて彼女たちは本物の貴婦人としての輝きとか威厳を持っていると思う。 伯礼も今回ばかりは本気で怒られるべき。彼が弟を愛しているのと同様に、彼もまた深く愛されている。 今回は 四夫人カラーの表紙が美しい。改めて彼女たちは本物の貴婦人としての輝きとか威厳を持っていると思う。 伯礼も今回ばかりは本気で怒られるべき。彼が弟を愛しているのと同様に、彼もまた深く愛されている。 今回は料理少なかった……次巻は理美VS朱西で心を解かす最後で最高の料理が出てくるといいな。というか皇帝との対話で丸く収まらないでほしいというのが本音。 裏切り、敵対、そして戦。と目にも止まらぬ疾走加減に気づけば終わりももう間近。幸せになれなくても優しくなくてもいいから、せめて皆が納得出来る結末になることを期待して。 …続きを読む
    虚と紅羽
    2019年11月20日
    19人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品