試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年12月13日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
184
ISBN:
9784047357976

乙嫁語り 12

  • 著者 森 薫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年12月13日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
184
ISBN:
9784047357976

アニス&シーリーンふたたび! 『乙嫁』帰路編、スミス一行はペルシアへ!

中央アジアを舞台に、さまざまな結婚模様を描き連ねていく『乙嫁語り』。
撮影の旅を続けるスミス一行は、アニスとシーリーンが暮らす町へと戻ってきました。

「何もやることがない一日」を描いた前後編、
「猫」や「髪」、「風呂」に「手紙」の漫画など、大小さまざまな9篇の作品を収録。
ロシア軍の南下がうわさされるなか、スミスの旅路に幸あらんことを!
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「乙嫁語り 12」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 中央アジア、ペルシアに流れる穏やかで平和な日常を描いた12巻。大きな出来事は起きないが、こうして平和な日常を読んでいるだけで、とても穏やかな気持ちになれる。アミルやカルルク、パリヤさん等の懐かしい面々 中央アジア、ペルシアに流れる穏やかで平和な日常を描いた12巻。大きな出来事は起きないが、こうして平和な日常を読んでいるだけで、とても穏やかな気持ちになれる。アミルやカルルク、パリヤさん等の懐かしい面々の日常が読めて嬉しい。この平和な日常が、特にイランや中国寄りの国々は崩れる未来があると思うと、何ともやるせない。産業革命や科学、医療の進歩により私達の日常は便利で快適になった。しかし、本当の意味での豊かさや、文化の多様さは喪われてしまったと思う。そんな郷愁を呼び起こす魅力を持った作品である。次巻が楽しみです。 …続きを読む
    yoshida
    2019年12月16日
    186人がナイス!しています
  • 乙嫁シリーズ12巻目。「スミス」と「タラス」の旅の途中の「閑暇」は時計を持たない国の人々にありがちな事ですよね。「アミル」も一人お留守番で口ずさむ歌はアミルさんらしくてとっても好きです。「ライラ」と「 乙嫁シリーズ12巻目。「スミス」と「タラス」の旅の途中の「閑暇」は時計を持たない国の人々にありがちな事ですよね。「アミル」も一人お留守番で口ずさむ歌はアミルさんらしくてとっても好きです。「ライラ」と「レイリ」の家庭は相変わらずの賑やかさでした。「パリヤ」さんの飼い猫の名前が「サモサ」になっていましたね。アミルさんを見て食べられると思ったんでしょうね。猫飼いにはわかります。「アニス」の家に逗留している「タラス」は多くの写真を撮り皆に喜ばれていましたね。無事旅終わると良いですね。新刊はまた1年後かな …続きを読む
    桜父
    2019年12月16日
    178人がナイス!しています
  • 相変わらずの緻密な画。これまで森さんの描く民族衣装に感心しきりだったが、今巻では「髪」が凄い。それこそ第八十一話が「髪」と題した逸話である。よくもまあここまで見事に描けるものだ。 「何もやることがな 相変わらずの緻密な画。これまで森さんの描く民族衣装に感心しきりだったが、今巻では「髪」が凄い。それこそ第八十一話が「髪」と題した逸話である。よくもまあここまで見事に描けるものだ。 「何もやることがない一日」を描くなど、事の無い日常が過ぎて行くがそれがかえってロシアの南下政策の不穏な影を強調しているように感じるのは私だけか。スミスとタレスの前途に幸あれと願う。  それはそうと応募者全員にあたるという【ハルタ豆文庫】は5冊すべて是非とも手に入れたい。早速amazonのサイトをポチッとしてしまったぞ。 …続きを読む
    佐々陽太朗(K.Tsubota)
    2019年12月25日
    168人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品