試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

カドフェス2021
カドフェス2021
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年01月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
352
ISBN:
9784041086377

ハヤブサの血統

  • 著者 鷹匠 裕
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年01月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
352
ISBN:
9784041086377

最強の”翼”を開発せよ! 米国巨大企業 VS. 日本重工メーカー連合

「新人とは思えぬ力量に瞠目した。これは、日々困難に立ち向かう全ビジネスマン必読の書だ」
――楡周平(作家)

防衛問題に切り込む“逆転”企業小説!

このままでは、空自は欠陥品を買わされる――大戦中の戦闘機「隼」の開発者を祖父に持つムサシ重工社員・光崎哲司は、異動を告げられた防衛部門で危機に直面していた。空自の次期主力戦闘機選定で、ムサシ重工が与した側でなく、競合の米ラッキード社F-53が内定したのだ。だが、F-53には米軍による墜落事故の隠蔽と、防衛事務次官・毛利の癒着の噂が……。光崎は国益のため、対立する日本の重工メーカー各社をまとめ、「国産」の戦闘機開発に奔走する!

「戦争に勝つのでなく、戦争を起こさせない。それが、日本のメーカーの使命なんです」
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

防衛問題のタブーに切り込む”逆転”企業小説!ー『ハヤブサの血統』

「ハヤブサの血統」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 国産の戦闘機を開発せよ。大手重工企業の4社連合、防衛省、経産省、政治家、アメリカ、マスコミ、反対運動家などなど、その昔、第二次大戦前に国産戦闘機を設計した子孫(重工企業のサラリーマン)がその渦中に突然 国産の戦闘機を開発せよ。大手重工企業の4社連合、防衛省、経産省、政治家、アメリカ、マスコミ、反対運動家などなど、その昔、第二次大戦前に国産戦闘機を設計した子孫(重工企業のサラリーマン)がその渦中に突然放り込まれ奮闘する。高性能の戦闘機をつくることが大国同士の戦争を回避する。しかし、その武器はどこかの国の戦争に使われる可能性をはらむ。人間ってどうしようもないなあ。サラリーマン、つらいなあ。そんな思いを抱えながら読了。 …続きを読む
    うわじまお
    2021年04月26日
    33人がナイス!しています
  • 純国産のステルス戦闘機の開発を巡る経済小説。物が物なだけに、単なる物作りとは異なり、解決すべき諸問題は周辺でも山積みだ。アメリカとの関係や各省庁との確執等、様々な立場の人々の思惑が交差する。その割りに 純国産のステルス戦闘機の開発を巡る経済小説。物が物なだけに、単なる物作りとは異なり、解決すべき諸問題は周辺でも山積みだ。アメリカとの関係や各省庁との確執等、様々な立場の人々の思惑が交差する。その割りに、余分な部分は削ぎとった分かりやすい展開で、どんどん読むことができた。また日本の今後の防衛を考えて、怖さも感じた。 …続きを読む
    Ayako
    2021年03月11日
    27人がナイス!しています
  • オールジャパンの戦闘機を作るのに奮闘するお仕事小説。面白いことは面白いんだけど主人公のハヤブサの血統が活きてないのが残念。ラストのエピソードも蛇足に感じた。 オールジャパンの戦闘機を作るのに奮闘するお仕事小説。面白いことは面白いんだけど主人公のハヤブサの血統が活きてないのが残念。ラストのエピソードも蛇足に感じた。
    ren5000
    2021年05月04日
    25人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品