試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年01月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
352
ISBN:
9784041086377

ハヤブサの血統

  • 著者 鷹匠 裕
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年01月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
352
ISBN:
9784041086377

最強の”翼”を開発せよ! 米国巨大企業 VS. 日本重工メーカー連合

「新人とは思えぬ力量に瞠目した。これは、日々困難に立ち向かう全ビジネスマン必読の書だ」
――楡周平(作家)

防衛問題に切り込む“逆転”企業小説!

このままでは、空自は欠陥品を買わされる――大戦中の戦闘機「隼」の開発者を祖父に持つムサシ重工社員・光崎哲司は、異動を告げられた防衛部門で危機に直面していた。空自の次期主力戦闘機選定で、ムサシ重工が与した側でなく、競合の米ラッキード社F-53が内定したのだ。だが、F-53には米軍による墜落事故の隠蔽と、防衛事務次官・毛利の癒着の噂が……。光崎は国益のため、対立する日本の重工メーカー各社をまとめ、「国産」の戦闘機開発に奔走する!

「戦争に勝つのでなく、戦争を起こさせない。それが、日本のメーカーの使命なんです」

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

防衛問題のタブーに切り込む”逆転”企業小説!ー『ハヤブサの血統』

「ハヤブサの血統」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 純国産のステルス戦闘機の開発を巡る経済小説。物が物なだけに、単なる物作りとは異なり、解決すべき諸問題は周辺でも山積みだ。アメリカとの関係や各省庁との確執等、様々な立場の人々の思惑が交差する。その割りに 純国産のステルス戦闘機の開発を巡る経済小説。物が物なだけに、単なる物作りとは異なり、解決すべき諸問題は周辺でも山積みだ。アメリカとの関係や各省庁との確執等、様々な立場の人々の思惑が交差する。その割りに、余分な部分は削ぎとった分かりやすい展開で、どんどん読むことができた。また日本の今後の防衛を考えて、怖さも感じた。 …続きを読む
    Ayako
    2021年03月11日
    25人がナイス!しています
  • 身も蓋もない言い方をすれば官民で純国産のスティルス型戦闘機を作り飛ばすというのがテーマの企業小説。ストーリー展開は分かりやすく半沢直樹を読んでいるようでなかなか面白い。のだけど会社の論理やら、武器3原 身も蓋もない言い方をすれば官民で純国産のスティルス型戦闘機を作り飛ばすというのがテーマの企業小説。ストーリー展開は分かりやすく半沢直樹を読んでいるようでなかなか面白い。のだけど会社の論理やら、武器3原則の撤廃問題やら新聞社が持つスタンスやら中に入っている当事者側から見た論理ばかりでにどうにも頷けないものがある。また市民活動家が一方的に書かれている部分もちょっとだ。やりすぎたかって訳じゃないんだろうけどエピローグでは強力なしっぺ返しを喰うエピソードが挟まれるのだが… …続きを読む
    oct2
    2021年03月09日
    3人がナイス!しています
  • ひさびさの経済エンタメ。最後はさらっと終わってあっけない。 ひさびさの経済エンタメ。最後はさらっと終わってあっけない。
    jolly
    2021年04月10日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品