試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年12月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784041086322

ライオン・ブルー

  • 著者 呉 勝浩
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年12月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784041086322

どんでん返し×2! 乱歩賞作家が放つ、衝撃の交番警察ミステリ。

関西某県の田舎町、獅子追町の交番に勤務する制服警官・長原が拳銃を持ったまま姿を消した。県警本部が捜査に乗り出すも、長原の行方は見つからない。同期の耀司は獅子追への異動を志願、真相を探ろうとする。やがて町のゴミ屋敷から出火し、家主の毛利が遺体で見つかった。事件性なしとされるが、数週間後、警ら中に発砲音を耳にした耀司はヤクザの金居の銃殺死体を目にする。さらに現場に落ちていた凶器が、長原の持ち去った拳銃だと判明し――。
怒濤の展開が待ち受ける、乱歩賞作家渾身の警察ミステリ。スピンオフ短編「蛇の作法」を特別収録。

――第31回山本周五郎賞最終候補作


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ライオン・ブルー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「スワン」が面白かったのでこの作品を読んでみた。が、主人公の暗い性格の様に物語全体がどんよりした感じになっていて読み辛かった。田舎の人々や警察の体質も馴染めなかった。 「スワン」が面白かったのでこの作品を読んでみた。が、主人公の暗い性格の様に物語全体がどんよりした感じになっていて読み辛かった。田舎の人々や警察の体質も馴染めなかった。
    TAKA
    2020年02月06日
    18人がナイス!しています
  • 失踪した友人を探しに地元に赴任した警官。そういう話か、あれ違う?え?やっぱり?表紙はそういう意味?と考えながら最後まで面白く読めた。色んな面を見せながら巧くまとめられていて素晴らしい。驚きの展開に期待 失踪した友人を探しに地元に赴任した警官。そういう話か、あれ違う?え?やっぱり?表紙はそういう意味?と考えながら最後まで面白く読めた。色んな面を見せながら巧くまとめられていて素晴らしい。驚きの展開に期待して手に取ったが満足。著者の次回作にも期待したい。 …続きを読む
    ひとしろっく
    2020年02月03日
    4人がナイス!しています
  • ☆☆ ☆☆
    honmise
    2020年01月07日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品