ライオン・ブルー 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年12月24日
商品形態:
電子書籍

ライオン・ブルー

  • 著者 呉 勝浩
発売日:
2019年12月24日
商品形態:
電子書籍

どんでん返し×2! 乱歩賞作家が放つ、衝撃の交番警察ミステリ。

関西某県の田舎町、獅子追町の交番に勤務する制服警官・長原が拳銃を持ったまま姿を消した。県警本部が捜査に乗り出すも、長原の行方は見つからない。同期の耀司は獅子追への異動を志願、真相を探ろうとする。やがて町のゴミ屋敷から出火し、家主の毛利が遺体で見つかった。事件性なしとされるが、数週間後、警ら中に発砲音を耳にした耀司はヤクザの金居の銃殺死体を目にする。さらに現場に落ちていた凶器が、長原の持ち去った拳銃だと判明し――。
怒濤の展開が待ち受ける、乱歩賞作家渾身の警察ミステリ。スピンオフ短編「蛇の作法」を特別収録。

――第31回山本周五郎賞最終候補作

メディアミックス情報

NEWS

「ライオン・ブルー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 地縁血縁の網目で酸素が薄くなる田舎の現実の描写の上手さに手を打った。 自分なりの正義を貫こうとする主人公の格好悪さを顧みないあがき方が良かった。成長譚とも言えるだろうか。違う作品も読みたくなる作家さん 地縁血縁の網目で酸素が薄くなる田舎の現実の描写の上手さに手を打った。 自分なりの正義を貫こうとする主人公の格好悪さを顧みないあがき方が良かった。成長譚とも言えるだろうか。違う作品も読みたくなる作家さん。 …続きを読む
    ばんだねいっぺい
    2020年04月03日
    24人がナイス!しています
  • 「スワン」が面白かったのでこの作品を読んでみた。が、主人公の暗い性格の様に物語全体がどんよりした感じになっていて読み辛かった。田舎の人々や警察の体質も馴染めなかった。 「スワン」が面白かったのでこの作品を読んでみた。が、主人公の暗い性格の様に物語全体がどんよりした感じになっていて読み辛かった。田舎の人々や警察の体質も馴染めなかった。
    TAKA
    2020年02月06日
    20人がナイス!しています
  • 呉作品デビューです。面白かったー!中盤から哀愁のラストにかけて、ぐいぐい読ませてくれはります。お兄さんとの絡みは泣いてしまった…。 長原も、よう我慢した。よう我慢したねえ(泣) 賛否あるのかもしれま 呉作品デビューです。面白かったー!中盤から哀愁のラストにかけて、ぐいぐい読ませてくれはります。お兄さんとの絡みは泣いてしまった…。 長原も、よう我慢した。よう我慢したねえ(泣) 賛否あるのかもしれませんが、耀司と晃光の決断に、震えた。 「また会いましょう。お互い、地獄で。」 私は支持するよ。 …続きを読む
    あつ子
    2020年03月21日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品