試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年12月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041086308

黒医

  • 著者 久坂部 羊
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年12月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041086308

医者も医療も信じてはいけない?医療と社会の現実に鋭くメスを入れる小説集

努力と競争を過剰にもてはやす「ネオ実力主義」が台頭し、働かないヤツは人間の屑、と糾弾される社会で、思いがけず病気になってしまった男。(「人間の屑」)
気軽に受けた新型の出生前診断で、胎児の重い障害を宣告されて中絶するか悩む夫婦。(「無脳児はバラ色の夢を見るか?」)
医療や技術の進歩の先に見える、幸せな人生は幻想なのか。救いなき医療と社会の未来をブラックユーモアたっぷりに描く7編で綴る作品集。
解説・吉村萬壱

もくじ

人間の屑/無脳児はバラ色の夢を見るか?/占領/不義の子/命の重さ/のぞき穴/老人の愉しみ


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「黒医」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 久坂部さん十七冊目。改題前の『反社会品』というタイトルの方がしっくりくるブラックブラックな短編。医療の進歩がもたらすのは明るい未来だけではなく、落とし穴もあることを容赦なく突きつけてくる。超超高齢化社 久坂部さん十七冊目。改題前の『反社会品』というタイトルの方がしっくりくるブラックブラックな短編。医療の進歩がもたらすのは明るい未来だけではなく、落とし穴もあることを容赦なく突きつけてくる。超超高齢化社会で犠牲になるのは老人か若者か、生活保護に頼らざるを得ない人がいる一方で後を絶たない詐病による不正受給、出生前診断で中絶が増加する一方で不妊治療に通う夫婦、骨髄バンクで救われる命とドナーのリスクなど、日ごろ目を背けている問題への痛烈な投げかけに唸ってしまう。度々登場する変態的趣向は生々しくて毎回どぎまぎする。 …続きを読む
    アッシュ姉
    2020年02月03日
    86人がナイス!しています
  • 久坂部氏の筆が冴えるブラックユーモア~ユーモアは愉しめなかったが。でも 次作もきっと読むと思えた。7編の短編、1冊すぐに読める。が その余韻たるや、脳内で発酵 腐敗臭すら。有史以来、戦時下でない時間は 久坂部氏の筆が冴えるブラックユーモア~ユーモアは愉しめなかったが。でも 次作もきっと読むと思えた。7編の短編、1冊すぐに読める。が その余韻たるや、脳内で発酵 腐敗臭すら。有史以来、戦時下でない時間は僅少、日本でも自殺者だけでも年に2万強という中で「命の重さ」を口先でぺらっと語ることすら欺瞞を抱く。とは言え、本作を読み終えると、「人と語る際」眼を見るのが怖くなりそう‥ってふと感じた。仕事柄、ハッピーエンドや文学の薫り高い作品からどんどん距離を置いて行っている日々。 筆者ならではのアフォリズムがいい。 …続きを読む
    キムチ27
    2020年01月24日
    51人がナイス!しています
  • 医療はリアリズムの世界にずっぽりとはまっていると思われがちだが、実はこの作品のように、妄想に溢れているのかもしれない。常識に安住し、見たいものだけを見、見たくない者・聞きたくないものには、反応しないよ 医療はリアリズムの世界にずっぽりとはまっていると思われがちだが、実はこの作品のように、妄想に溢れているのかもしれない。常識に安住し、見たいものだけを見、見たくない者・聞きたくないものには、反応しないようにして生きて行く現代社会の多くの住人に、ナイフを突きつける。あり得ない善人を演じることを、そろそろやめないといけないのかも。 …続きを読む
    coldsurgeon
    2020年01月26日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品